「Jacob Collier」の限界突破感は異常

2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよく来ていて、どんどん人気に。

鍵盤、ギター、ベース、ドラム、パーカッションなど、20以上にも及ぶパートを多重録音、ループさせて操っていたのですが、こんなの常人にはできません。

音楽ファンの間でもわけがわからないと言われてて、それくらい難解だっていう褒め言葉なのですが、聞き心地は抜群にイイから不思議です。

94年ロンドン生まれ、両親は音楽家、自宅には幾つもの楽器を置いたスタジオがあります。16歳のときにYouTubeで脚光を浴び、名だたるJazz界のレジェンド達にとっても、異例の存在として捉えられていました。天才ですけど何か? と本人が言ってるわけじゃありませんが、それに近い存在感が。

 

 

「こんな才能は見たことがない」。
クインシー・ジョーンズ

「おいおい!今のコードはなんだ?巻き戻せ!」。
ハービー・ハンコック

 

そのほか、パット・メセニー、チック・コリア、TAKE 6のほか、The Guardianなど主要メディアも絶賛。ライブ動画も強烈。好き勝手やってる感が半端じゃない!

リアルタイム録音した音をループさせ、ステージ上に並ぶ楽器の間をさまよう。「さてどうするか…」と言わんばかりにウロウロしながらも、次の瞬間には爆発するような展開が。

ステージ上で、音楽を無邪気に楽しみながら悦に入ってる姿とか、もう完全にイッちゃってます(もちろんイイ意味で)。大所帯バンド「Snarky Puppy」とのセッションも、専門性があり技術の高いミュージシャンが集まっているのにも関わらず、彼のマルチプレイの輝きよう。

このときまだ21歳。うーん、信じられない!

Reference:The Guardian
Licensed material used with permission by Quincy Jones Productions, Inc.
そのほかの「規格外の音楽家たち」
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
ストリートフェスにラモーンズと一緒に出たのを覚えてる。
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
「Davie Biale」は、エレキベースを操るミュージシャン。しかし、1本も弦がない!
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
なんせボウイは時代時代で、めまぐるしく変化するタイプのミュージシャンだ。捉えどころがないと言えばその通り。
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのミニマルファンクバンド「Vulfpeck」。彼らがファンから絶大な信頼を得ているのは、話題性だけでなく確かな実力...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
ウォンテッドリー株式会社が、名刺管理アプリ「Wantedly People」の400万ユーザー突破を記念し、聴けば仕事に集中しやすくなる音楽“ENERGY...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?