「Jacob Collier」の限界突破感は異常です

2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよく来ていて、どんどん人気に。

鍵盤、ギター、ベース、ドラム、パーカッションなど、20以上にも及ぶパートを多重録音、ループさせて操っていたのですが、こんなの常人にはできません。

音楽ファンの間でもわけがわからないと言われてて、それくらい難解だっていう褒め言葉なのですが、聞き心地は抜群にイイから不思議です。

94年ロンドン生まれ、両親は音楽家、自宅には幾つもの楽器を置いたスタジオがあります。16歳のときにYouTubeで脚光を浴び、名だたるJazz界のレジェンド達にとっても、異例の存在として捉えられていました。天才ですけど何か? と本人が言ってるわけじゃありませんが、それに近い存在感があります。

 

 

「こんな才能は見たことがない」。
クインシー・ジョーンズ

「おいおい!今のコードはなんだ?巻き戻せ!」。
ハービー・ハンコック

 

そのほか、パット・メセニー、チック・コリア、TAKE 6のほか、The Guardianなど主要メディアも絶賛。ライブ動画も強烈。好き勝手やってる感が半端じゃないのです。

リアルタイム録音した音をループさせ、ステージ上に並ぶ楽器の間をさまよう。「さてどうするか…」と言わんばかりにウロウロしながらも、次の瞬間には爆発するような展開が。

ステージ上で、音楽を無邪気に楽しみながら悦に入ってる姿とか、もう完全にイッちゃってます。大所帯バンド「Snarky Puppy」とのセッションも、専門性があり技術の高いミュージシャンが集まっているのにも関わらず、彼のマルチプレイの輝きよう。

このときまだ21歳。うーん、信じられない!

Reference:The Guardian
Licensed material used with permission by Quincy Jones Productions, Inc.
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
ジャズ、聴いていますか?現在人気の漫画『BLUE GIANT』を読んでも感じるかもしれませんが、特別に意識してジャズを聴いているという人は決して多くありま...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
「巨人がきたら、かけがえのないものが、跡形もなくなるの」大人になれば、悩みごとも困ったことも、すこしは誰かに上手く伝えられるものかもしれない。
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
ジャズって、なんだか難しい音楽だと思いませんか?とくにそう感じさせる要因のひとつがアドリブ(即興演奏)。スタンダードナンバーやスイングは分かりやすいのに、...
映画『スウィングガールズ』では、劇中で様々なジャズが流れます。なかでも「シング・シング・シング」は、ベニー・グッドマンの代表曲として有名です。この曲が出来...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
9月7日にリオデジャネイロで「もう一つのオリンピック」が開幕します。これはそのPR動画。日常生活の中で限界を感じることって誰にでもありますが、この動画を見...
「聖者の行進」「バラ色の人生」「セ・シ・ボン」「この素晴らしき世界」など、誰もが一度は聴いたことがある数々の名曲を残し、“キング・オブ・ジャズ”と称される...
5月、ブラジル音楽界の巨匠、エルメート・パスコアールが来日する! それって誰? というあなたには、これを機会に彼のことを知ってもらえたら嬉しい。もし気に入...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
ときおり、思わぬ弾き方で楽器を演奏するアーティストが現れて驚くことがあります。ここで紹介する彼は「エレキベース」を操るミュージシャン。しかし、一本も弦があ...
ちょっと気持ちを高めたいときや気合を入れたいときに役立つのが、そう、“音楽”ですよね。アッパーな曲を聴いているとダウナーな気分も不思議と上向いてくるし、き...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
クラブに行ったら、ライブに行ったら、普通は音楽に合わせて踊りますよね。音楽との一体感は何より気持ちがいいし、古くからダンスと音楽はともにあり続けてきました...
6月6日の水曜日。東京は雨。そんな日にぴったりなお話と音楽を。
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオを紹介。電流が見える「テスラコイル」など、あらゆるテクノロジーを駆使...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...