無音アルバムで2万ドル稼いだ「Vulfpeck」の伝説

2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのミニマルファンクバンド「Vulfpeck」。彼らがファンから絶大な信頼を得ているのは、話題性だけでなく確かな実力があるから。

とはいえ、2014年に彼らが公開した無音のアルバム作品『Sleepify』の話は伝説的でした。

無音アルバムの再生回数が
540万回を突破!

「とても静かなアルバムを作ったよ。Spotifyで一曲再生されれば、0.5セントがバンドの懐に入る。もし、あなたが、ベッドでアルバムを一晩中再生すれば、4ドルになる。そこで提案したい。クリエイティブに睡眠をとってほしい。それだけだ。YEAH!」。

これは、バンマスのジャック・ストラットンが考えた、ツアー費用を集めるためのアイデア。大胆な取り組みで注目されたこともあり、アルバムの再生回数はうなぎのぼりに。結果、2万ドルもの資金が集まってしまったのです!

楽曲は、ポップでキャッチー。ジャックのクレイジーなキャラクターや、彼が制作するチープな作風のMVも個性的。それでいて腰が動いてしまうようなファンキーなグルーヴがニクい!いや、冗談抜きに、演奏がスゴいんです。

豪華な大御所ミュージシャンとコラボや、ユニークなビデオマッシュアップ作品などなど、見どころ満載。

楽曲はYouTubeで閲覧できます。日本に来てほしいな〜。

Licensed material used with permission by Vulf Records, P-VINE RECORDS
他の記事を見る
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよ...
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
ストリートフェスにラモーンズと一緒に出たのを覚えてる。
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
3度目の来日となる12月の東京ソロ公演のチケットはすでに完売!京都公演も売り切れ必至な大人気のルイス・コールってどんな人? というわけで、本人にインタビュー。
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、音楽、映画、スポーツに特化した、WOWOWによるキャンプフェス「FUJI & SUN...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51