駅構内をクラブ以上にブチ上げるドラマー「Matt Vorzimer」

これ、ほんとに駅の構内?

マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマーです。NYを騒がせたお祭り兄ちゃん的存在。

デジタルと生楽器を合わせたプレイスタイルで、リアーナの『Work』のリミックスに合わせてビートを刻みます。盛り上がりが半端じゃないです!

演奏しているリミックスは、Jarreau Vandalによるもの。原曲はしっとりセクシーな楽曲なのですが、アレンジによってパワフルな雰囲気に。

そのエネルギーを生演奏でさらに爆発させちゃったのが彼。頻繁に路上でパフォーマンスしているようです。Facebookでチェックを。

NY地下鉄と聞けばいろいろなミュージシャンが集まりますが、それにしてもこの熱気はスゴいの一言。誰でも口ずさんだり踊れちゃう超有名ポップス曲を扱っているところもキモなのでしょうけど、このスリリングな雰囲気にやられちゃいます!

Licensed material used with permission by T Shitta
他の記事を見る
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
近未来のスキンケアのあり方を象徴する「Neutrogena MaskiD」。これは、Johnson & Johnsonが発表した、3Dプリンターでフェイス...
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよ...
「フレキシタリアン」ってご存知ですか?フレキシブル(柔軟性がある)とベジタリアン(菜食主義者)をかけ合わせた造語で、基本はベジタリアンだけど、ときどき肉や...
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
ストリートフェスにラモーンズと一緒に出たのを覚えてる。
近年、“映え”目的のインスタグラマーやオールインクルーシブのパッケージツアーで参加する人が増えているそうです。
驚異的なパフォーマンスにはビックリで、アクロバティックな演奏がスゴい!
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
NYジャムバンドシーンを代表するドラマー「Billy Martin」にインタビュー。
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
事前情報無しで聞いても刺激的。でも、その内側の魅力まで見えてくる!
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?