日本はドイツよりも安い?世界各地の1ドルで飲めるビールの量

食に関する豆知識をインフォグラフィックでわかりやすく解説している家電メーカーAmica。つい先日は、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開しました。

ご想像の通り、南米や東欧、東南アジアなどの国々はビールが安い。パラグアイとベトナムでは1ドルで1パイントも!

意外だったのは、ビールで有名なドイツとベルギーが125mlと108mlなのに対して、日本は139mlと先の2ヶ国よりも安いということ。あとアメリカも83mlと割高の印象。ニューヨークやサンフランシスコなど都市圏の物価が影響してるのでしょうか。

このインフォグラフィックを見ていると、いろんな要因を想像したくなっちゃいます。

Top image: © Amica
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
つい先日、ドイツ・ザクセン州のオストリッツでネオナチの音楽フェスが開催。市民たちはお酒を飲ませないようにスーパーなどからビールを買い占めました。
日本初となる「プロテインビール」の販売開始に向けたクラウドファンディングがスタート。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。