ビールのバカ売れで瓶不足。ドイツのブルワリーが助けを求める!

汗をかいた後にはビールで乾杯。日本だけでなくドイツでもやっていることは同じのようです。

7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebookで国民に助けを求めました。

彼らにとっては嬉しいニュースでもあると思うのですが、これは例年よりも高い気温が続くドイツでビールがたくさん売れているのが理由とのこと。ちなみに、連絡をとったところ、今でも多くの国内メディアが協力してくれていると教えてくれました。

冷静に考えてみると、あのドイツで瓶不足になるほどビールが売れてるって相当な消費量なんでしょうね。

Top image: © iStock.com/Wavebreakmedia
【2018年版】世界の珍事件まとめ
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
つい先日、ドイツ・ザクセン州のオストリッツでネオナチの音楽フェスが開催。市民たちはお酒を飲ませないようにスーパーなどからビールを買い占めました。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
製造過程で出た、形がいびつなものや焦げてしまったコーンフレークなどの不規格品をビール原料として再利用することで、食品廃棄を少しでも減らそうという取り組みか...
「Ping Pong Door」は、名前からも想像できるように、卓球台に変身するドアです。家に親戚や友だちが遊びに来たときに、ワイワイ盛り上がれそう。ビー...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...