時差ボケを最小限にできる「スマートアイマスク」

どうしても隣の人のいびきが気になる…。

寝たいのに機内の明かりがつけられている…。

やっぱり時差ボケになってしまう…。

狭い空間でじっとしている長時間フライトでは、こんな悩みがつきもの。だからこそ、たくさんのトラベルグッズが開発されているわけで。

次世代スマートアイマスクと呼ばれる「Dreamlight」もまた、私たちに快眠をもたらすために作られたそうです。

たくさんの機能があるのですが、ここではざっくりと3つのポイントを紹介します。

01.
時差ボケを最小限に

次世代と言われる理由は、アイマスクでありながらもスマホアプリと連動しているから。滞在先を登録すれば、時差ボケを最小限に抑えるための睡眠スケジュールを教えてくれるそうです。

また、あなたの睡眠習慣をモニターして、改善点を確認する機能も。

02.
ストレスフリーな目覚めを提供

「Dreamlight」には、ゆっくりと点滅するオレンジのライトが目元にあたる部分に搭載されていて、呼吸のタイミングを整えてくれるようです。これが早く眠りにつけるポイントなんだとか。

さらに、大音量のアラームは健康に良くないという研究をうけて、目元のライトが事前にセットした時間に合わせて点灯し、ストレスフリーな目覚めを提供してくれるとのこと。

03.
豊富なリラックス音楽

第3の推しポイントは、スピーカー。

そこから流れるのは、リラックスを追求した音楽。しかも、バラエティーは豊富で、自分の気分に合わせて選べるようです。旅先の雰囲気をイメージしながら音楽を聴くのも楽しそうですよね。

あ、ちなみに「Dreamlight」の4つ目の特徴は、お肌のケアもできるところ。アイマスクから出る赤外線トリートメントは、血行を良くしてくれるのだとか。

この多機能性が特徴のアイマスクは、ドイツの国際的な権威のある「iF DESIGN AWARD」を受賞したそうですよ。

Licensed material used with permission by Dreamlight
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
「illumy」は、気持ちよく目覚めるために開発されたアイマスクなのだ。一見、どこにでもあるようなフォルムではあるが、じつは、NASAによるテクノロジーが...
海外に行くのは楽しいものですが、時差ボケはなかなか厄介です。日中に眠くなり、夜に目が覚めるため、生活リズムはガタガタ。せっかく長距離を移動して旅先に着いた...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
ベラルーシのデザイナーLesha Limonovさんが作ったアイマスクは、お札をモチーフにしたもの。
いびきが原因の夫婦喧嘩が勃発する前に「魔法のアイマスク」を試してみてはいかがでしょうか。「いびき」なのに、“アイ”マスクというのもおかしな話ですが、なかな...
AI搭載アイマスク『Luuna』が、あなたが抱えている睡眠に関する悩みを解消してくれるかもしれません。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
にわかに信じがたい話ですが、このアイマスクをかけて眠ると、夢を自在に操れるんだとか。そっちの方が「夢のような話」の気もしますが…。もはやSF映画のような現...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
東京から岡山に移住して1年半。 吉備中央町をベースに、月1~2回は長距離バスで東京へ……というワークスタイルです。当初は「移動時にこれがあったら便利かもし...
薄手のマットを何枚も並べており、溝の中にズムズムっと腕や肩を沈められる仕組みになっています。これなら、パートナーを抱き寄せながらもカラダへの負荷は最小限。...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
撮影機材はスマホ、加工も必要最小限。なのに、構図のセンスや工夫がキラリと光る作品ばかり。これ、本当に全部スマホで撮ったの?アルジェリア出身19歳のMoun...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
パソコン、スマホ、テレビなど、仕事でもプライベートでもスクリーンを見る時間はどんどん増えていますよね。そんな暮らしの中で「目の疲れがなかなかとれない」とい...
人とはちょっと違う、ヘンテコな言動を繰り返す人。でも、なんとなく憎めない。一般的に天然ボケとも言われるような人ですが、時として常識はずれなことを平気で言い...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
持ち運びやすい袋に洗濯板の機能を組み込むことができないか?というアイデアのもと、開発されたのが「Scrubba Wash Bag」です。