「時差ボケ」を気合いで乗り切っていたあなたへ。自然に解消させるためのアイデア9つ

海外に行くのは楽しいものですが、時差ボケはなかなか厄介です。日中に眠くなり、夜に目が覚めるため、生活リズムはガタガタ。せっかく長距離を移動して旅先に着いたのに、どこかへ出かけるどころじゃない、なんてこともあります。

でも、一体どうやったらジェットラグを避けられるの?「Gisele Navarro」に、いくつかの研究をもとにした時差ボケ解消アイデアが掲載されていました。試してみては?

01.
屋外で過ごして
日光を浴びる

体内時計を整えるためには、日光に当たるのが吉。
8時〜9時の間は、積極的に外に出ること。

02.
早朝か夕方に
エクササイズを

早朝か夕方に運動を取り入れる。
寝る直前の運動は避けること。興奮してしまい、眠りから遠ざかってしまう可能性が。

03.
「時差ボケ解消メガネ」を
使ってみる?

「RE-TIMER GLASSES」という睡眠リズム矯正専用メガネを使ってみる。
弱い緑色の光を目に当てるのだとか。

04.
「20分」昼寝をする

最低でも4時間の睡眠をとり、
日中に20分程度の昼寝を組み合わせる。

05.
耳栓とアイマスク

ノイズと光をとにかくカット。

06.
朝にお茶を
夜にハーブティーを

朝に、マテ茶、ギンコー茶(イチョウ)、ジンセン茶(朝鮮人参)などのお茶を飲む。
夜は、カモミールやラベンダー、バレリアンなどのハーブティーを飲む。

07.
朝は熱いシャワーを
夜は冷たいシャワーを

温度の変化が眠りの周期を整えるホルモン「メラトニン」を分泌させると考えられているようです。

08.
寝る前のコーヒーや
アルコールは控える

どちらも刺激物なので、時差ボケで混乱している体を、よりひどい状態にしてしまいそう。

09.
でも、1〜2日の滞在なら
何もしなくていいんじゃない?

最後には気にしなくていいんじゃない?なんて項目も。ショートトリップならそれでもいいのかもしれません。どちらにせよ、食事の時間や日光に浴びることには意識しておきたいものですね。

Licensed material used with permission by Gisele Navarro
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
あなたに快眠を提供するために登場したのが、次世代スマートアイマスク「Dreamlight」。光をしゃだんするための簡易アイマスクとは全く異なり、快眠を最優...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
人とはちょっと違う、ヘンテコな言動を繰り返す人。でも、なんとなく憎めない。一般的に天然ボケとも言われるような人ですが、時として常識はずれなことを平気で言い...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
世界を24に分割する「タイムゾーン」にインスピレーションを受けて開発されたという「KLOK02」。フェイスの真ん中の窓には時刻、右小窓には都市名が表示され...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
実はイギリスから帰ったばかりなんです(まだまだ時差ボケです)。成田空港に到着したから、成田エキスプレスを乗りました。車両の中では、ニュースがずっと流れてい...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
7月5日、ラッパーでありファッションデザイナーであるカニエ・ウエストは、11月の米大統領選への出馬を自身のTwitter上で表明。「これはおもしろくなりそ...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?ロールヘッドを手首や耳の裏などにひと塗りするだけでリラックスタイムになる「...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...