「時差ボケ」を気合いで乗り切っていたあなたへ。自然に解消させるためのアイデア9つ

海外に行くのは楽しいものですが、時差ボケはなかなか厄介です。日中に眠くなり、夜に目が覚めるため、生活リズムはガタガタ。せっかく長距離を移動して旅先に着いたのに、どこかへ出かけるどころじゃない、なんてこともあります。

でも、一体どうやったらジェットラグを避けられるの?「Gisele Navarro」に、いくつかの研究をもとにした時差ボケ解消アイデアが掲載されていました。試してみては?

01.
屋外で過ごして
日光を浴びる

9cde80a9d7148b4b439bf7f1ce2a825aeea97216

体内時計を整えるためには、日光に当たるのが吉。
8時〜9時の間は、積極的に外に出ること。

02.
早朝か夕方に
エクササイズを

E1042e13f5bb4f78ac9b87a6c6905331885641f8

早朝か夕方に運動を取り入れる。
寝る直前の運動は避けること。興奮してしまい、眠りから遠ざかってしまう可能性が。

03.
「時差ボケ解消メガネ」を
使ってみる?

E255d1c8866faf0ee5eeaecece414561036b014c

「RE-TIMER GLASSES」という睡眠リズム矯正専用メガネを使ってみる。
弱い緑色の光を目に当てるのだとか。

04.
「20分」昼寝をする

Dc8bdfc7fb87922cf9b59b76aabb8d63adc6342c

最低でも4時間の睡眠をとり、
日中に20分程度の昼寝を組み合わせる。

05.
耳栓とアイマスク

31dc0429563d02035951debdb79e5dd0f800ad8d

ノイズと光をとにかくカット。

06.
朝にお茶を
夜にハーブティーを

A71313a9a8b40dc499a9d03e7289e654cbe0202a

朝に、マテ茶、ギンコー茶(イチョウ)、ジンセン茶(朝鮮人参)などのお茶を飲む。
夜は、カモミールやラベンダー、バレリアンなどのハーブティーを飲む。

07.
朝は熱いシャワーを
夜は冷たいシャワーを

1c5378f1491eb854988d781e79778da4533b18b4

温度の変化が眠りの周期を整えるホルモン「メラトニン」を分泌させると考えられているようです。

08.
寝る前のコーヒーや
アルコールは控える

F2fcc697a6a919cd2185c57258e147c0808745de

どちらも刺激物なので、時差ボケで混乱している体を、よりひどい状態にしてしまいそう。

09.
でも、1〜2日の滞在なら
何もしなくていいんじゃない?

C33234ca6a81eac4b0d788c7ca2adc645cfe85be

最後には気にしなくていいんじゃない?なんて項目も。ショートトリップならそれでもいいのかもしれません。どちらにせよ、食事の時間や日光に浴びることには意識しておきたいものですね。

Ae3621cee9f932478fb21935c16228e16d34836d
Licensed material used with permission by Gisele Navarro
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
あなたに快眠を提供するために登場したのが、次世代スマートアイマスク「Dreamlight」。光をしゃだんするための簡易アイマスクとは全く異なり、快眠を最優...
人とはちょっと違う、ヘンテコな言動を繰り返す人。でも、なんとなく憎めない。一般的に天然ボケとも言われるような人ですが、時として常識はずれなことを平気で言い...
世界を24に分割する「タイムゾーン」にインスピレーションを受けて開発されたという「KLOK02」。フェイスの真ん中の窓には時刻、右小窓には都市名が表示され...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
「illumy」は、気持ちよく目覚めるために開発されたアイマスクなのだ。一見、どこにでもあるようなフォルムではあるが、じつは、NASAによるテクノロジーが...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
今年こそ朝型人間になる!2017年の目標は早寝早起き!なんて抱負を立ててみたけど、年越しや正月ボケで、むしろ生活リズムは最悪…。そんなあなたに教えたいのは...
飛行機で寝るときって、なかなかポジションが決まらないですよね。そんなとき、ほとんどの人が使うのが「ネックピロー」。でも、ネックピローの使い方って簡単だけど...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...