「時差ボケ」を予防するアプリ「Timeshifter」

時差ボケを予防するためのアプリがある。その名も「Timeshifter」。

最新の睡眠などの研究をもとに、ハーバードメディカルスクールのSteven Lockley博士らによって共同開発されたこのアプリは、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間にフィットするよう、フライトやその前後での最適な過ごし方を提案してくれる。

そんな「Timeshifter」の使い方はカンタン。

アプリをダウンロード後、普段の就寝時間や性別、朝型か夜型かなどについての質問に回答。すべてに答えると、出発前からフライト中、到着後までの期間で時差ボケをせずにすむスケジュールが完成。

睡眠や光を浴びた方が良い時間、カフェインを摂取すべきタイミングなど、具体的にやるべきことがカレンダー上でチェックできるので、あとは行動するのみ!

2018年のローンチ以降、今やビジネスマンやトラベラーだけでなく、トップアスリートや宇宙飛行士までもが利用しているというから、その効果は折り紙つきといえるだろう。

時差ボケに悩まされたくないなら、渡航前にぜひダウンロードを。

Timeshifter
【公式ホームページ】https://www.timeshifter.com/

Top image: © 2019 Timeshifter
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「デジタル時差ボケ」とは、デジタルデバイスの使い過ぎによるブルーライトの悪影響で、睡眠のリズムが乱れて身体が常に“昼夜逆転状態”に陥ること。メガネブランド...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
自分の睡眠の質を上げるだけでなく、一緒に眠る人たちも幸せにできる“いびきエチケット”アイテムが、応援購入サービス「Makuake」にて予約販売中だ。