価格交渉も、現金取引もない「シェアアプリ」が登場!

不用品の効率的な流通により、ムダのない持続可能な社会へ——。

今、私たちが生きているこの世界は、未来に向けていくつもの不安を抱えている。そのなかでも“資源の枯渇”は、もっとも大きな脅威だろう。

「限りある資源を有効に」という合言葉は巷に溢れているにも関わらず、日本では毎年7兆円以上の不用品が生み出され、活用もされずに眠っているといわれている。

そんな状況に危機感を抱いた「DADA株式会社」により開発されたのが、不用品シェアリングサービス「Ageru」。価格交渉も、現金取引もない。「売りません、タダで贈ります!」をコンセプトに、自分では価値がないと思っている資産を流通させることが狙いだ。

もちろん、既存のフリマサービスによって、多くの不用品が再流通されるようになってはいる。しかし「モノに対する価値(価格)の認知のズレ」や「価格交渉、梱包の気配り、アフタートラブル対応」などに対する精神的な負担がネックとなっており、いまだに多くのモノが充分に流通することなく処分されているというのが同社の認識。

国際的に「SDGs」という概念が提唱され、「持続可能な生産と消費」というキーワードが浸透し始めているものの、目標をしっかりと実現するためには、こうしたサービスを通じて、私たち一人ひとりが主体的にアクションを起こしていかなければならないだろう。

© DADA
© DADA
Top image: © Yulia Grigoryeva/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
アメリカのフィラデルフィアで、「現金お断り」のお店が禁止される条例が可決されました。背景には、クレジットカードや銀行口座を持っていない貧困層に対する配慮が...
人口に対してATMの台数が少ないボリビアで展開されるサービスがある。タクシーが人間ではなく現金を乗せて運ぶというもの。“目的地”となるのはキャッシュを必要...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
アートユニット「MOTASWORKS」の個展「BOOTEMPORARY」が「JOURNAL STANDARD FURNITURE 神南店」で開催中。額装さ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
12月初旬、スマートフォンでプリント前のネガフィルムを鑑賞することができるアプリ「NEGAVIEW PRO」の提供がスタート。税込370円でダウンロードできる。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...
東京・町田の「武相庵Cafe&Hostel」で味わえる「本気のクリームソーダ」は、一流のバーテンダーならではのセンスと技術が詰まった夢のような一杯。
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。