価格は◯◯◯万円!?「エルメス」から「麻雀セット」が登場

アパレルブランドが飛び道具的にファッション以外のアイテムを販売することが増えてきた昨今。トップメゾンの雄「Hermès(エルメス)」から発表された“あるもの”が話題となっている。

シンガポール版のウェブサイトに登場したのは、なんと「麻雀牌」

さすがはエルメス、そんじょそこらの緑色の卓と、白いアレではない。こっくりとした木目の色合いがラグジュアリーなケースサイコロ点棒だって、エルメスの手にかかれば重厚感溢れる佇まいに。

高級馬具工房にルーツをもつエルメスが作った麻雀セット。なお価格は、57,200シンガポールドル(約450万円)

うーむ、ジャラジャラと遊ぶには気が引ける。

Top image: © iStock.com/beemore
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「エルメス」より、待望のビューティーラインがお目見えとなる。ブランド初のコスメアイテムは、詰め替えができるサステイナブルな口紅とのこと。
「エルメスのオレンジクリスマス」が開催中。デジタルグリーティングカードが作れたり、銀座がオレンジに彩られたり、いつもとはちょっと違うクリスマスを過ごせるかも。
東京・原宿の「CASE W」にできた「HERMÈS(エルメス)」のメンズの世界観を“ラジオ”を通して表現する「ラジオエルメス」のポップアップ・ステーション...
高級なレザー製品で名高い「エルメス」が、ブランド初となるバイオレザーのバッグを手掛けるそうだ。
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
12月14日〜25日、「HERMES(エルメス)」と「銀座ソニーパーク」は、クリスマスに彩られた銀座の街にプレイグラウンドをオープン。「銀座メゾンエルメス...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
高級ホテルチェーン「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出となる「ローズウッド 宮古島」を2024年に開業すると発表した。
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
ゲームの世界のアイテムが現実に存在したらいくらになる?その答えをイギリスのフィナンシャル会社「H&T」が調査し、結果を公表した。
マイケル・ジョーダンが1985年のルーキーイヤーに実際にゲームで着用した「エア・ジョーダン 1」がサザビーズオークション出品。最高落札額は2000万円を突...
子どもの頃、ドールハウスやバービー人形などで時が過ぎるの忘れて遊んだ、という人も多いのでは?デザイナーのPhillip Nuveenさんが作っているのは「...
上質なのに4,000円以下で買えるルームフレグランスを4つ紹介。
ノースウェスタン大学の研究で、バッテリーを取り除いたゲームボーイを実現してしまった。シャーシ前面の太陽光パネルとボタン操作による電力でゲーム機が駆動。ゲー...
12月4日、世界で初めて商業用に印刷されたクリスマスカードが、競売会社「クリスティーズ」にてオークションにかけられた。
2012年に携帯アプリとして配信され、有料ゲームながら全世界で1億3000万ダウンロードの大ヒットを記録したウイルス感染ゲーム「Plague Inc.」。...
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
道玄坂にあるダイニングバー「Sober」は、アパレルブランド「Son of the Cheese」とグリルサンドウィッチ店「Buy Me Stand」を立...
「HERMÈS」主催のスカーフデザイン国際コンペ「LE GRAND PRIX DU CARRÉ HERMÈS」の最終結果が3月1日に発表された。優勝者は日...
「FIVEISM × THREE」から、ブランドが提唱するステルスメイクの基本であるベースメイクを、さらに手軽に始めるための限定セットが発売。
土屋鞄製造所の2021年入学用ランドセルに新シリーズ「SHAPE(シェープ)」が登場。
新作から定番まで、5つの日常的なシーンに対して、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に紹介してもらった「おすすめボードゲーム15選」のまとめ。
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
12月2日、パブロ・エスコバルの兄弟、ロベルト・エスコバルの企業「Escobar Inc」が折りたたみスマホ「Escobar Fold 1」を発売すると発...
世界には、年収1000万円以上を稼ぐフリーランスが数多くいるようです。2017年の「Adweek」の記事によれば、米国のフリーランスのうち、320万人が少...