その場でプリントできる「デジカメ」が登場。しかもたったの1万円ちょい!

「ポラロイドカメラ」や「チェキ」って、撮った後すぐに写真が出力されて便利ですよね。このタイプのインスタントカメラを使ったことがある人は、その味のある写真やその場で印刷できる機能にたまらない魅力を感じているかもしれません。

ポラロイド社が新しく発表した「Polaroid Snap instant digital camera」は、そんな従来の便利さにデジタルカメラとしての新機能を加えた最新版。本体もかなりコンパクトになり、すでにカメラファンの間ではかなり話題になっているのだとか!

その場で写真がプリントできる
ポラロイドデジカメ!

PolaroidSnap_04

気になる使い方はポラロイドカメラと同じくシンプル。もちろんインクは必要ありません。レンズカバーを外し、ファインダーを覗いてシャッターを切るだけ。

PolaroidSnap_03

スクリーンショット 2015-09-25 21.47.51

新機能が魅力的!

新しい機能として注目するべき点はいくつかあります。まず、カラーフィルターがフルカラー・モノクロ・ポラロイド風と3種類設定でき、セルフタイマーが利用可能。さらに、MicroSDカードが挿入できるため最大32GBまでデータが保存できちゃいます。

印刷してシェアすることはもちろん、印刷用紙の裏面を剥がせばシールに早変わり。貼り付けもできます。データをもとにSNSへの投稿もバッチリ。本体そのものも可愛いですよね♪

PolaroidSnap_01

販売予定価格が99ドル(約12,000円)と気軽なことも含め、人気の機種となりそうな予感です。発売開始予定は2015年9月とされていましたが、残念ながらまだ始まっていない模様。

どうしても気になるというポラロイドカメラファンの人は、詳細について製品ページをチェックしておいたほうがいいかも!

Licensed material used with permission by PLR IP Holdings, LLC (d/b/a Polaroid)

ロモグラフィーの「FISHEYE NO.2」は、フィルムの装填も簡単だし、ピントがどこにでも合うように設計されています。魚眼写真という特徴も加わって、デジ...
撮影した写真をその場で現像してくれる。つまり、インスタントカメラの役割を、強引にもスマホのケースに内蔵させちゃったのが、この「Prynt」です。あるオモシ...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...
19ヶ月のスタンリーくんは、カメラに興味津々!それもそのはず、スタンリーくんのお父さんはプロカメラマンなんです。なんとか持てる…というほど大きい、お父さん...
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
サラダって、いざ作ろうと思うと意外に面倒ですよね。色どりのことも考えたら、何種類もの野菜を洗っては切り、洗っては切り…。そんな悩みを一発で解決し、たったの...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
内側がカラフルなプリントの傘は、すでに身の回りにたくさん。見かけたところで、まったくと言っていいほど驚きはありません。だけど、ここで取り上げる「PANOR...