【若者必見】パスポートを取ったら1万円もらえるらしい・・・

観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日本旅行業協会が思い切った案に出ました。

両者が発表したのは、若者がパスポートを取得する費用の一部、1万円の助成金を出すというもの。観光庁も後援、つまり国を挙げて、若い人の海外渡航を勧めているんです。

その条件って?

F7e710594a096a4427c99a36640b5c961ce31a56

実はちょっと細かい条件があります。

1. 4月1日時点で18歳以上23歳未満の人
2. 2016年7月15日から12月31日までの間に
(1)日本のパスポートを新規取得または更新し
(2)日本旅行業協会会員会社から、成田発の海外旅行商品を購入して海外旅行へ行った人

え、なんかむずかしそう?そんなことはありません。(1)はパスポートを取るか、更新してしまえばOK。(2)の会員会社ですが、JTBやH.I.S.、近畿日本ツーリストに楽天トラベルなど、大手旅行会社はたいてい入会しているので、そこで航空券やツアーを今年中に購入すれば大丈夫。

この条件を満たす人先着500名までに1万円をキャッシュバックしてくれますよ。

12歳以上の人が東京都で10年間有効なパスポートを申請した場合にかかる値段は16,000円。つまり、6,000円で新しいパスポートが作れてしまう計算になります。おトクですね。

でもなんで、こんなに海外旅行を勧めるのでしょう。

ツーウェイツーリズム
推進の一環

553fa1de0cba5b9ebda8372a6d8c4233c96fa314

それは日本が観光立国を目指し「ツーウェイツーリズム」を進めているから。聞きなれない言葉かもしれませんが、日本と諸外国双方が国際交流することで、お互いの国際感覚の向上や相互理解を促すもの(観光庁サイトより)。政府はこれをアウトバウンド、つまり海外へ行く日本人を増やすことで拡大していきたい方針です。

文部科学省の調査によると、日本から海外へ留学する人の数は、2004年の8.3万人をピークに2011年は5.7万人に。一方、伸びている国は中国で、2011年には72万人が海外へ行っているそう。アメリカ、インドなども数はゆるやかに上昇しています。

ノーベル文学賞を受賞したイギリスの作家、ラドヤード・キップリングは「イングランドしか知らない人に、イングランドの何がわかる?」という言葉を残しています。若者の内向き志向が指摘されていますが、これを機会に海外旅行を計画してみるのもいいかもしれませんね。

詳しい情報はこちらから。

先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
その才能の秘密を教えて!
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
旅に出る時は、荷物は少しでも軽くしたいと思うもの。特に長期の旅行者にとっては、荷物は少なくて軽い方が身軽です。そんな方にオススメなのが、15個の特殊機能が...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...