新型コロナの影響でパスポートランキングが変動!日本の順位は……?

今年初めに公開された「パスポートランキング2020」で堂々の1位を獲得し、長い間「世界でもっとも信頼の高いパスポート」とされていた日本のパスポート。しかし、新型コロナウイルスの影響により、ランキングに大きく順位の変化が生まれているようだ。

このたび更新されたパスポートランキングでは、現在、129ヵ国にVISAなしで入国できるという「ニュージーランド」が1位に。新型コロナウイルスへの早期の対応が評価されたのか、今年初めの9位から大きく上昇した。

「日本」は、「ドイツ」「オーストリア」「スイス」「韓国」などと並んで、128ヵ国にVISAなしで入国できる2位に格下げ。

また、前回8位の「アメリカ」21位まで順位がダウン......。大きく信用を落とす結果となった。

新型コロナウイルスに対する国の対応が大きく反映されていると思われるこのランキング。日本がまだ2位に位置しているのは喜ばしいが、早く信頼を取り戻したいところである。

ところで、日本のパスポートが今年28年ぶりにデザインを一新したのはご存知だろうか?

かつてのように気軽に海外へ飛べる状況ではなく、パスポートを利用する機会が少ないであろう今、くれぐれも有効期限切れにはお気をつけあれ。

Top image: © iStock.com/Yobab
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「futari passport」は、ふたりの旅券を一緒に収納できるパスポートケースです。
航空業界調査・格付け会社「SKYTRAX」が、世界の空港ランキング「世界ベスト空港2020(World’s Best Airport in 2020)」を発表。
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
年に1回使うか使わないかのパスポートケースですが、これは365日使いたい。
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
創業130年を超える老舗が作る利便性バツグンのスマート財布。2方向で素早く開閉できる「時短L字型ジップ」や、開けてすぐに取り出せる小銭入れの位置など、財布...
アメリカ、フランス、中国など世界の12の国と地域の人々の間では、終息後に訪れたい旅行先として日本がもっとも人気だという。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
10月22日よりAirbnbもGoToトラベルキャンペーンが適用になりました。そこで今回は、Airbnbと協力して、おすすめの宿をピックアップ。泊まりたい...
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
日本でも出入国審査の際に顔認証ゲートを使えるようになり、待ち時間の短縮が進んでいる。ドバイ国際空港では、チェックインや搭乗手続きまでも簡略化する様子。
外務省はパスポートの電子申請をはじめる方針を発表。開始時期は、2024年を予定している。
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
「日経BPコンサルティング」による創業100年以上と200年以上の企業数を国別に調査した「世界の長寿企業ランキング」で、ともに日本が1位になった。
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...