パスポートケースから変える、イスラムフォビア撲滅のメッセージ。

ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。

モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新しさを感じます。

そして、デザインだけではなく、書かれているメッセージにも深い意味が込められているのです。

イスラム教徒を
「ひとくくり」にしないで。

このパスポートケースは、世界人権団体NGOの「アムネスティ・インターナショナルUSA」によるキャンペーンの一環で作られたもの。

このパスポートケースの狙いは、イスラム圏の人々が入国するとき、その国の最初に出会う国民である空港職員に、平和と寛容のメッセージを伝えること。

書かれているのは、コーランから解釈された「平和のためのメッセージ」なのです。

「良いことの報いは、良いことだけ」
「ひとりの命を救えば、すべての人類を救うことにつながります」
「良いことをするために互いに競争しよう」
「信仰している人たちに心から憤りを感じてはいけない」
「愛情、慈悲、ひとつの体であるかのようにお互いを思いやりなさい」
「心を柔らかくして他の人に奉仕すること」
「完璧な人間を見つけることではなく、不完全な人を見て学ぶことで、私たちは愛し合う」
「かつてあなたの敵であった者が、あなたの親愛なる友人になることを考えてみなさい」
「心の中で優しさを持つとき、あなたは世界で最も美しい人になる」

もっとお互いを良く知ろう。

アメリカの入国規制で、突然6万人ものイスラム圏の人々がビザを無効にされたり、空港に到着しながら、とんぼ返りを余儀なくされるなど不当な扱いを受けたニュースは記憶に新しいところ。

しかしヨーロッパでも、政府が米トランプ大統領への批判を表明しつつも、民間では入国規制に賛同するデモが起きるなど、イスラムフォビアが起こる現在の世界情勢は、ムスリムの人々の渡航や生活を難しくしています。

そんな世界情勢を少しずつでも変えたい、イスラム教が憎悪を呼ぶ宗教ではない、と知ってほしいと、このキャンペーンが始まりました。

まずは、空港職員の対応を変えるところから。

英語でメッセージが書かれているのは、どこの国でも理解してもらえるようにするためなのです。

「ムスリムじゃないけど
使ってみたい」
を目指して

「アムネスティ・インターナショナル」では、このパスポートケースを世界各都市の空港で販売、最終的にはオンライン購入ができる状況を目指しているとのこと。

パスポートのケースだけじゃなくて、手帳カバーに使ってもいいでしょう。

すでに50名以上のデザイナーが賛同し、デザインを提供。キャンペーンサイト「SKINS OF PEACE」では、パスポートケースの一覧が見られます。

サイトからデザインをアップロードすれば、新しいデザインとして採用される可能性もあるそうです。また、収益はすべて、難民の救済活動や、イスラムフォビア撲滅活動に使われるとのこと。

かつて、オスマン帝国ではその巨大な国土の下、多種多様な宗教が共存していた時代がありました。お互いの宗教観を否定しない寛容さを持ち、共存する道は、まずこのカバーを使って、イスラム文化に親しみを持つことから始まるのかもしれません。

Licensed material used with permission by skins of peace
年に1回使うか使わないかのパスポートケースですが、これは365日使いたい。
「futari passport」は、ふたりの旅券を一緒に収納できるパスポートケースです。
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
国民投票が行われ「イギリス・EU離脱」という結果が出てから約1年。賛成と反対とで意見を真っ二つに割った出来事でしたが、どんなに嘆いたとしても後戻りはできな...
日本でも出入国審査の際に顔認証ゲートを使えるようになり、待ち時間の短縮が進んでいる。ドバイ国際空港では、チェックインや搭乗手続きまでも簡略化する様子。
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
イスラモフォビアに対して、多くの人がアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人...
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
いま旅行を楽しむために必要不可欠なアイテム、スマホ。写真を撮ったり、SNSに投稿したり、現地の情報を調べるのにだって大活躍。だから旅行中にバッテリーがなく...
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...