「DIGAWELのパスポートケース」は、お財布としても優秀です

年に1回使うか使わないかのパスポートケースですが、これは365日使いたい!ファッションブランド「DIGAWEL(ディガウェル)」のものです。

先に結論を。これは普段からお財布として使うべきです。

外側には、ジップ付きの小銭入れと4枚分のカードポケット、パスポートポケットを装備。内側には、お札やチケットの収納スペースがあります。パスポートポケットは、普段は領収書スペースとして機能してくれそう。

©TABI LABO 2019

品の良いカーフレザー。かと思うと丸紐のバンドやスイスのZIPメーカー「riri」のスライダーがかわいい。なにかと「カッコいい」という一方向に突き進みがちなレザーグッズですが、DIGAWELのそれは力の抜き加減が絶妙。モードからもストリートからも支持される所以です。

©TABI LABO 2019

他にネイビーやグレーもありますが、ここはブランドらしさが感じられるオレンジ一択でどうでしょう?ぜひ女性にもチェックしてほしい!

購入は東京・祐天寺の直営店で。下にマップもつけておきますね。中目黒からもサクッと歩いて行けますよ。

Top image: © TABI LABO 2019
毎日使える「トラベルグッズ」がいっぱい!
「futari passport」は、ふたりの旅券を一緒に収納できるパスポートケースです。
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
「DIGAWEL」のORIGINAL FIT BELTです。色で遊べ!#2
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
いま旅行を楽しむために必要不可欠なアイテム、スマホ。写真を撮ったり、SNSに投稿したり、現地の情報を調べるのにだって大活躍。だから旅行中にバッテリーがなく...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
仕事でもスーツを着ることの少ない自分にとって〈SUIT SELECT(スーツ セレクト)〉は、少し遠い存在。だけど、この10月に発売されたばかりのトラベル...
カバンの中でくしゃっとなりがちのティッシュは〈comma〉の本皮ティッシュケースで。生活必需品をちょっぴりお洒落に持ち歩ける!
「KEEP SMART」は、わずか0.2mmという薄〜いステンレス銅板を使った名刺ケース。ただ曲げた金属板に名刺を挟みこむという、めちゃくちゃ単純な構造で...
〈Apple〉の「Smart Battery Case」は純正だからこその機能を持っています。意外と知らない人が多いけれど、優秀なプロダクトです。
〈moeco(モエコ)〉の「FLASH ICカードケース」。合計199もの本物の電子部品が使われていて、LEDが光るギミックも!