オレンジ×ブルーにやられた――色で遊べ!#2

全身モノトーンのコーディネートは、それなりにサマにはなるけど、物足りなさも感じる。本当は色を取り入れたりしてみたいのに、結局いつも無難なチョイスをしてしまう自分。

たしかに派手なカラーのトップスやボトムスには、なかなか手が出しづらい。でも、小物ならそこまでハードルは高くないはず。せっかくなら、とびきり明るいアイテムで遊びたい!

たとえば、こんなベルトで。

©2019 TABI LABO

まさにビビッド。発色の良いオレンジはモノトーンのコーディネートでこそ真価を発揮するに決まってる。

加えて、このバックルです。ブルーとオレンジは、なかなかお目にかかれない斬新な組み合わせ。

シャツをインして見せるのもいいけれど、ここはナチュラルにいきたいところ。伸びをしたときなんかにサラッと見えるくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。

このベルト、パスポートケースの記事で反響があった「DIGAWEL(ディガウェル)」のもの。同ブランドの小物といえばレザーですが、こんな風にナイロンで外すのはどうでしょう?

6480円(税込)。購入は中目黒のDIGAWEL1および祐天寺のDIGAWEL2にて。

それにしても、ナイロンベルトを垂らすスタイルって、裏原全盛期を思い出して懐かしい気持ちになる〜。

©2019 TABI LABO
Top image: © 2019 TABI LABO
派手なカラーのイケてる「ファッション小物」まとめ
年に1回使うか使わないかのパスポートケースですが、これは365日使いたい。
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
「SEE SEE」のスリッパです。色で遊べ!#4
「UNIVERSAL PRODUCTS」のビーニーです。色で遊べ!#5
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
「Lagimusim」のバッグです。色で遊べ!#11
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
「Lagimusim」の巾着です。色で遊べ!#12
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
「COMESANDGOES」のキャップです。色で遊べ!#6
「O -」のJOY CASEです。色で遊べ!#1
「POSTALCO」のKETTLE ZIPPER WALLET SMALLです。色で遊べ!#3
「ROSTER SOX」の靴下です。色で遊べ!#8
「zattu」のウエストポーチ です。色で遊べ!#10
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
中国のスマートフォンメーカー「Vivo」が発表した新しいスマートフォンは、本体の上部からウィーンってカメラが出てきて、そのままポコって外せるらしい。
ブランドロゴが入ってるだけの簡素なモノやレザー製の高価なモノまで。裾ベルトもいろいろ選択肢があるけど、見た目のインパクトならコレ。
「坪田パール」のハードエッジです。色で遊べ!#9
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?