「それ、どこのライター?」「墨田区にある老舗の」――色で遊べ!#9

全身モノトーンのコーディネートは、それなりにサマにはなるけど、物足りなさも感じる。本当は色を取り入れたりしてみたいのに、結局いつも無難なチョイスをしてしまう自分。

たしかに派手なカラーのトップスやボトムスには、なかなか手が出しづらい。でも、小物ならそこまでハードルは高くないはず。せっかくなら、とびきり明るいアイテムで遊びたい!

たとえば、こんなライターで。

© 2019 TABI LABO

オーセンティックなZippoもいいけれど、自分には無骨でかっこよすぎる。そんな人にぴったりの塩梅です。

1952年創業、墨田区にある喫煙具メーカーの老舗「坪田パール」のハードエッジ。

見ての通り、唯一無二といっていい発色の良さです。かわいいオイルライターって、ありそうだけど探してみるとなかなか見つからない。全身モノトーンでまとめつつ、パンツのポケットからコイツが出てきたら、いい感じに力が抜けてるなあと思いませんか?

加えて、このフォルムです。

スマホでもなんでも角を取りがちな時代で、あえての直方体。最高です。パンツのポケットの中での存在感も十二分にあるから、うっかり忘れることも減るんじゃないでしょうか(笑)。ないと落ち着かないほど、とにかくハードなエッジなんです。

2700円(税込)。坪田パールで検索すると、すぐにヒットします。こんなピンクもありますよ。

© 2019 TABI LABO
Top image: © 2019 TABI LABO
派手なカラーのイケてる「ファッション小物」まとめ
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
昔から〈BIC〉ライターが好きで、タバコ屋さんへ行くと、つい手が伸びてしまうんです。アイスキャンディのような、ポップな色合いがかわいいですよね。僕は、買う...
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
「O -」のJOY CASEです。色で遊べ!#1
「Draft Top」は、缶のフタを切り取れるオープナーだ。
「DIGAWEL」のORIGINAL FIT BELTです。色で遊べ!#2
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
「SEE SEE」のスリッパです。色で遊べ!#4
「Lagimusim」のバッグです。色で遊べ!#11
「POSTALCO」のKETTLE ZIPPER WALLET SMALLです。色で遊べ!#3
沖縄・宮古島の「シギラセブンマイルズリゾート」では、スギ花粉が飛散する時期に、スギが育ちにくく、植林もほとんどおこなわれないため、スギ花粉によるアレルギー...
「UNIVERSAL PRODUCTS」のビーニーです。色で遊べ!#5
「COMESANDGOES」のキャップです。色で遊べ!#6
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
「Lagimusim」の巾着です。色で遊べ!#12
オーストリアの〈IMCO(イムコ)〉が1968年に発売した「バード」。それをもとに日本の〈拓製作所〉がブランドを引き継ぎ、2013年に復活させたライター「...
今年、創業50周年を迎える日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。数より個性で勝負するドムドムの戦略と野望を、藤﨑忍社長が語る。
性具メーカー「株式会社TENGA」が毎月配信している『月刊TENGA』は、1月7日に配信した第20号にて「2019年マスターベーション世界調査報告」を発表。
「ROSTER SOX」の靴下です。色で遊べ!#8
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
「zattu」のウエストポーチ です。色で遊べ!#10
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。