「春が来た!」なビーニーです――色で遊べ!#5

全身モノトーンのコーディネートは、それなりにサマにはなるけど、物足りなさも感じる。本当は色を取り入れたりしてみたいのに、結局いつも無難なチョイスをしてしまう自分。

たしかに派手なカラーのトップスやボトムスには、なかなか手が出しづらい。でも、小物ならそこまでハードルは高くないはず。せっかくなら、とびきり明るいアイテムで遊びたい!

たとえば、こんなビーニーで。

©2019 TABI LABO

トップス黒。ボトムス黒。被り物も黒。

それはそれでカッコいいけれど、一気に重たい印象になります。これくらい明るいオレンジなら、上下をモノトーンでまとめる意味が出るってもの。なにより春っぽいし!

今期の「UNIVERSAL PRODUCTS(ユニバーサル プロダクツ)」のビーニーは、暖かい日差しが注ぎはじめた今時期にぴったりのパイル素材。春っぽいのはカラーだけじゃないんです。ナイロンが混ざっているため、生地にハリもあり、着用時のフィット感も申し分ありません。

色がビビッドなぶん、形はこれくらいベーシックなものが正解かと。とはいえ、同ブランドの象徴であるバーコードタグのアクセントも効いてます。バランスが最高。

購入は青山や中目黒の1LDKで。6264円(税込)です。

©2019 TABI LABO
Top image: © 2019 TABI LABO
「DIGAWEL」のORIGINAL FIT BELTです。色で遊べ!#2
「POSTALCO」のKETTLE ZIPPER WALLET SMALLです。色で遊べ!#3
春先のキャンプや花見で頭を悩ませるアウター選びに終止符!「アンサー4」「ティートンブロス」「ELDORESO(エルドレッソ)」の軽くて携帯性に優れた機能性...
「O -」のJOY CASEです。色で遊べ!#1
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
「COMESANDGOES」のキャップです。色で遊べ!#6
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
「Lagimusim」のバッグです。色で遊べ!#11
「SEE SEE」のスリッパです。色で遊べ!#4
「Lagimusim」の巾着です。色で遊べ!#12
「ROSTER SOX」の靴下です。色で遊べ!#8
「zattu」のウエストポーチ です。色で遊べ!#10
「坪田パール」のハードエッジです。色で遊べ!#9
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え...