「春が来るのが待ち遠しすぎる」のは、これのせいだ。

 

「つけている香水はずっとこれ」と、自分のスタンダードが定着している人をうらやましいと思いつつも、季節や気分、洋服が毎日変わっていくなか、ひとつの香りに決めてしまうことにためらいもあって。

でも、使いわけるにしても、それぞれの香りにある程度の統一性はほしいなぁっておもったり。とっても絶妙で、意外にむずかしい「どんな香りをまとうか?」もんだい!

だからこの香水の存在を知ったとき、やっと、かゆいところに手が届いたような気持ちになったんです。

これは「着まわせる、見えない服」

5009064463433728

今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見えない服」として、香りをまとうことができるんです。

「日によって気分も着る服も違う」という理由でなかなかひとつのものに絞れなかった自分が、何よりも注目したのがこの部分でした。

日によって使いわける、5つの香り

5988862736203776

気分で使いわけたい香りは、全部で5つ。

洗練されたパッケージには、香りの種類をあらわす数字が。「手に取り、香水をつけるまでの所作」を美しく見せるよう計算されているというプロダクトも、こちらの気分をより高めてくれます。インテリアを邪魔しないし、統一性もあるから、これはぜひ5つそろえたいなぁ。

 

00 / ZERO

4996523695800320

清らかな水を思わせる、みずみずしく洗練された香り。高野槙がキーエッセンス。シンプルでナチュラル、スタイリッシュで透明感のある印象を演出。たとえば週末の自宅での作業とか、だれにも会う予定がないけれどすこし気分をあげたいとき、ちょうどいいのがこれ。

 

01 / SAKURA

5045160442331136

桜をキーエッセンスにした、淡い華やぎとほのかな甘みが心地よい香り。上品で優しい、やわらかくてエアリー、そしてほんのすこし官能的な印象。このブランドがリリースされる春につけてでかけたいのは、まずはこの香り。

 

02 / WAKABA

4888700957753344

新緑の若葉を思わせる、グリーンで鮮烈な香り。青森ヒバと、希少精油アフリカンブルーグラスがキーエッセンス。すこしボーイッシュな香りだけど、キリッと気持ちを切り替えて仕事をしたいとき、大事な打ち合わせがあるときにえらびたいのは、これ。

 

03 / HANAYUZU

5250648320770048

ゆずの花を思わせる、柑橘・山の葉・花が複雑に織り交ざる、奥ゆかしく深みのある香り。爽やかなのにあたたかく気品があり、穏やかな印象を演出。気の知れた友達と約束しているランチに行くときとか、すこしお茶するとか、ゆったりした時間をすごす日には、これにしよう。

 

04 / YUDACHI

6504136405155840

夏の夕立を思わせる、ウェッティーで芳ばしいグリーンと、大地が薫る懐かしい香り。ナチュラルでクラシック、ニュートラルで親しみやすく、安心感のある印象を演出。たとえば17時以降からでかけるとき、落ち着いたお店でのお食事の予定があるときに。

うーん、春が待ち遠しい!

ここまで書いてきましたが、ブランドがローンチされる4月が待ち遠しくてしかたありません。朝、5つの香りからひとつをえらぶ時間……想像するだけでわくわくしちゃう!

洗練された透明感や、すこし懐かしさを感じさせる日本ならではの自然の香りは、甘い香りが苦手……っていう人にもおすすめ。ユニセックスでつかうことができるから、彼とシェアするのもよさそう。

香りを「着まわす」という楽しみかた、この春からためしてみてはどうでしょう?

Licensed material used with permission bymakuake
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
 あらゆることを忘れてしまっても、「匂い」は忘れないといいます。そのことをわたしは16歳の時に知ったので、17歳の春、とても好きな人ができたときに、香水を...
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
ふとした時に思い出す香りだったり。何気なく、ふわっと感じる香りだったり。香りは、つけるひとにとって、記憶と結びつく大切なものです。出かける前に、シュッとワ...
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
旅は、知らない街の文化や風景、雰囲気や空気などにどっぷり浸かることが何よりの醍醐味。中でも、土地によって大きく違って、しかも記憶に強く刷り込まれるのが「香...
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
仕事や勉強がうまくいかないとき、その原因を、周囲の環境や他人といった“外部”のせいにする。これを、「外部要因思考」といいます。これでは問題の解決が先送りさ...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
寒さが和らぎ、あたたかい日差しを感じる季節がやってくると誰だって嬉しいもの。道端に咲くたんぽぽや河原でツクシが育っている様子を見ると、様々なものが春の訪れ...
TABI LABOでは、月に1回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。男性の皆さん必見です! 今回のテーマは「香り...
〈KUUMBA(クンバ)〉のエアリフレッシュナーは、スプレーの噴射が強く、一気に部屋をいい香りへ。アロマ由来のやさしい香りも魅力です。
世の中、面白いネーミングの商品は溢れている。そして、商品のユニークな説明もしかり。けれど、これほどひねりが効いていたり、ぶっ飛んでいたり、パンチのあるユー...
クラウドファンディングサイト「Makuake」で目立っていたこの手帳は台湾の人気手帳ブランドのDimacheとイラストレーターのHankのコラボ作。台湾で...
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...