「春が来るのが待ち遠しすぎる」のは、これのせいだ。

 

「つけている香水はずっとこれ」と、自分のスタンダードが定着している人をうらやましいと思いつつも、季節や気分、洋服が毎日変わっていくなか、ひとつの香りに決めてしまうことにためらいもあって。

でも、使いわけるにしても、それぞれの香りにある程度の統一性はほしいなぁっておもったり。とっても絶妙で、意外にむずかしい「どんな香りをまとうか?」もんだい!

だからこの香水の存在を知ったとき、やっと、かゆいところに手が届いたような気持ちになったんです。

これは「着まわせる、見えない服」

今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見えない服」として、香りをまとうことができるんです。

「日によって気分も着る服も違う」という理由でなかなかひとつのものに絞れなかった自分が、何よりも注目したのがこの部分でした。

日によって使いわける、5つの香り

気分で使いわけたい香りは、全部で5つ。

洗練されたパッケージには、香りの種類をあらわす数字が。「手に取り、香水をつけるまでの所作」を美しく見せるよう計算されているというプロダクトも、こちらの気分をより高めてくれます。インテリアを邪魔しないし、統一性もあるから、これはぜひ5つそろえたいなぁ。

 

00 / ZERO

清らかな水を思わせる、みずみずしく洗練された香り。高野槙がキーエッセンス。シンプルでナチュラル、スタイリッシュで透明感のある印象を演出。たとえば週末の自宅での作業とか、だれにも会う予定がないけれどすこし気分をあげたいとき、ちょうどいいのがこれ。

 

01 / SAKURA

桜をキーエッセンスにした、淡い華やぎとほのかな甘みが心地よい香り。上品で優しい、やわらかくてエアリー、そしてほんのすこし官能的な印象。このブランドがリリースされる春につけてでかけたいのは、まずはこの香り。

 

02 / WAKABA

新緑の若葉を思わせる、グリーンで鮮烈な香り。青森ヒバと、希少精油アフリカンブルーグラスがキーエッセンス。すこしボーイッシュな香りだけど、キリッと気持ちを切り替えて仕事をしたいとき、大事な打ち合わせがあるときにえらびたいのは、これ。

 

03 / HANAYUZU

ゆずの花を思わせる、柑橘・山の葉・花が複雑に織り交ざる、奥ゆかしく深みのある香り。爽やかなのにあたたかく気品があり、穏やかな印象を演出。気の知れた友達と約束しているランチに行くときとか、すこしお茶するとか、ゆったりした時間をすごす日には、これにしよう。

 

04 / YUDACHI

夏の夕立を思わせる、ウェッティーで芳ばしいグリーンと、大地が薫る懐かしい香り。ナチュラルでクラシック、ニュートラルで親しみやすく、安心感のある印象を演出。たとえば17時以降からでかけるとき、落ち着いたお店でのお食事の予定があるときに。

うーん、春が待ち遠しい!

ここまで書いてきましたが、ブランドがローンチされる4月が待ち遠しくてしかたありません。朝、5つの香りからひとつをえらぶ時間……想像するだけでわくわくしちゃう!

洗練された透明感や、すこし懐かしさを感じさせる日本ならではの自然の香りは、甘い香りが苦手……っていう人にもおすすめ。ユニセックスでつかうことができるから、彼とシェアするのもよさそう。

香りを「着まわす」という楽しみかた、この春からためしてみてはどうでしょう?

Licensed material used with permission bymakuake
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
「セントピック」は、毎月新しい香水を提供するサブスクリプションサービス。好きな香水やライフスタイルなどのアンケートをもとに、ユーザーの好みに合ったものを届...
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...