「春が来るのが待ち遠しすぎる」のは、これのせいだ。

 

「つけている香水はずっとこれ」と、自分のスタンダードが定着している人をうらやましいと思いつつも、季節や気分、洋服が毎日変わっていくなか、ひとつの香りに決めてしまうことにためらいもあって。

でも、使いわけるにしても、それぞれの香りにある程度の統一性はほしいなぁっておもったり。とっても絶妙で、意外にむずかしい「どんな香りをまとうか?」もんだい!

だからこの香水の存在を知ったとき、やっと、かゆいところに手が届いたような気持ちになったんです。

これは「着まわせる、見えない服」

5009064463433728

今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見えない服」として、香りをまとうことができるんです。

「日によって気分も着る服も違う」という理由でなかなかひとつのものに絞れなかった自分が、何よりも注目したのがこの部分でした。

日によって使いわける、5つの香り

5988862736203776

気分で使いわけたい香りは、全部で5つ。

洗練されたパッケージには、香りの種類をあらわす数字が。「手に取り、香水をつけるまでの所作」を美しく見せるよう計算されているというプロダクトも、こちらの気分をより高めてくれます。インテリアを邪魔しないし、統一性もあるから、これはぜひ5つそろえたいなぁ。

 

00 / ZERO

4996523695800320

清らかな水を思わせる、みずみずしく洗練された香り。高野槙がキーエッセンス。シンプルでナチュラル、スタイリッシュで透明感のある印象を演出。たとえば週末の自宅での作業とか、だれにも会う予定がないけれどすこし気分をあげたいとき、ちょうどいいのがこれ。

 

01 / SAKURA

5045160442331136

桜をキーエッセンスにした、淡い華やぎとほのかな甘みが心地よい香り。上品で優しい、やわらかくてエアリー、そしてほんのすこし官能的な印象。このブランドがリリースされる春につけてでかけたいのは、まずはこの香り。

 

02 / WAKABA

4888700957753344

新緑の若葉を思わせる、グリーンで鮮烈な香り。青森ヒバと、希少精油アフリカンブルーグラスがキーエッセンス。すこしボーイッシュな香りだけど、キリッと気持ちを切り替えて仕事をしたいとき、大事な打ち合わせがあるときにえらびたいのは、これ。

 

03 / HANAYUZU

5250648320770048

ゆずの花を思わせる、柑橘・山の葉・花が複雑に織り交ざる、奥ゆかしく深みのある香り。爽やかなのにあたたかく気品があり、穏やかな印象を演出。気の知れた友達と約束しているランチに行くときとか、すこしお茶するとか、ゆったりした時間をすごす日には、これにしよう。

 

04 / YUDACHI

6504136405155840

夏の夕立を思わせる、ウェッティーで芳ばしいグリーンと、大地が薫る懐かしい香り。ナチュラルでクラシック、ニュートラルで親しみやすく、安心感のある印象を演出。たとえば17時以降からでかけるとき、落ち着いたお店でのお食事の予定があるときに。

うーん、春が待ち遠しい!

ここまで書いてきましたが、ブランドがローンチされる4月が待ち遠しくてしかたありません。朝、5つの香りからひとつをえらぶ時間……想像するだけでわくわくしちゃう!

洗練された透明感や、すこし懐かしさを感じさせる日本ならではの自然の香りは、甘い香りが苦手……っていう人にもおすすめ。ユニセックスでつかうことができるから、彼とシェアするのもよさそう。

香りを「着まわす」という楽しみかた、この春からためしてみてはどうでしょう?

Licensed material used with permission bymakuake
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
 あらゆることを忘れてしまっても、「匂い」は忘れないといいます。そのことをわたしは16歳の時に知ったので、17歳の春、とても好きな人ができたときに、香水を...
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
ふとした時に思い出す香りだったり。何気なく、ふわっと感じる香りだったり。香りは、つけるひとにとって、記憶と結びつく大切なものです。出かける前に、シュッとワ...
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
車内に吊るすタイプのエアフレッシュナーが有名な〈Little Trees〉。アメリカだけで毎年4億枚(!)が売れているそうです。なかでも人気、というか定番...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
すべての「眠たい」人へ。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
旅は、知らない街の文化や風景、雰囲気や空気などにどっぷり浸かることが何よりの醍醐味。中でも、土地によって大きく違って、しかも記憶に強く刷り込まれるのが「香...