飲める香水

クラフトジンのブームにのっかるぞー!

とりあえず、いろいろ飲んでみるぞー!

とか思いたったのが、だいたい1年ぐらい前。いろいろ飲んでみて、一番ビックリしたのがコレでした。

「ディスティレリ ド パリ ベル エール」

このクラフトジンは“飲める香水”とまで呼ばれていて、本当に香りがすごくイイ!

©2019 NEW STANDARD

ディスティレリ ド パリは、パリで唯一の蒸留所だそうです。そこで作られているクラフトジン。同蒸留所からは上の「ベル エール」のほかに「トニック」と「バッチ1」という種類も発売されていますが、どれも香りが素晴らしい。ぶっちゃけ、どれを選ぶかは好みかな。

ジンといえばジン&トニックが定番です……が、ぜひ一杯目はロックで。口の中で香りがすごいことになります。

まあ、味とかウンチクはブームにのった若輩者が書いても仕方がないので省きましょう。ただこれまで何度か仲間と一緒に家飲みしたんですが、みんな後日購入しています。それぐらい美味しくって、インパクトがあって、ハマっちゃう。

あと、ボトルがビンテージの薬瓶みたいで、めちゃくちゃカッコよくないですか?

飲み口が広いので、全部飲みおわった後はディフューザーボトルにするのもオススメです。そのまま無造作に、棚に置いとくだけでも画になります。

“飲める香水”で検索すると、いろんなところで売ってますよ。

今、僕らがリアルに使っているもの「ビー!」まとめ
スキットルズを“飲める”ようになります!
「セントピック」は、毎月新しい香水を提供するサブスクリプションサービス。好きな香水やライフスタイルなどのアンケートをもとに、ユーザーの好みに合ったものを届...
海水を飲めるようにする技術やそんなスペックのあるボトルは開発されていましたが、ポイントはルックスです。
アイルランド国内で初めての「ノンアルコール・パブ」がオープン。その名も「Virgin Mary」。アルコール0%のビールやワインを飲めるとはいえ、全てのメ...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
先月30日、ペコちゃん誕生70周年を記念して「ミルキーフレーバーの香水」が発売。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
トルコでは「香水」の消毒剤としての需要が高まり、コロナウイルス対策として大量に買い占められている。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
「日本コカ・コーラ株式会社」の「GO:GOOD」ブランドから、あの「キッコーマン」監修の和だし飲料「GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし」が新登場。
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、「飲め...
株式会社ツドイは、本格的ノンアルコールドリンクのみを提供する「Bar Straw」をオープン。第1回は9月4日(水)19:00〜22:00に神楽坂「かもめ...
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...
 あらゆることを忘れてしまっても、「匂い」は忘れないといいます。そのことをわたしは16歳の時に知ったので、17歳の春、とても好きな人ができたときに、香水を...