たくさん買える香水。

以前、ライフスタイルプロデューサーの村上萌さんが「旅に出る前に、その旅先に合ったフレグランスを新しく選んでいる」といった主旨のことを話していて、男ながらに香りとの付き合い方がすごく素敵だな〜と思ったことがあります。

そういえば自分もフレグランスって2つぐらいしか持ってなくって、ONOFF程度の使い分けしかしていない。洋服みたいに毎日の気分で香りをかえてみるのもいいんじゃないかと。

そこで〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水です。

コロンと手の平に乗るサイズの缶に入ったもので、香りもいろんな種類があって、日々の気分転換にぴったり。1個約1,000円〜1,500円というプライスなので、無理なく大人買いできます。

持ち歩ける大きさなので、デイリーどころかタイムリーに香りを纏うなんてことも可能。仕事が終わった後に、ちょっとスパイシーな香りで遊びに行くとか。

あと、どれもステッカーのイラストがイケてるので、バスルームに無造作に置いておくだけでちょっとしたインテリア的役割も。

公式オンラインショップで購入可能です。

B41d757c46dc0fe52e24bae5381fe19c2121bfc888e5d5ac166cbf334c53e7ca87c5e677fb10b746

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
香りやボトルのデザインじゃなくて、背景にあるストーリーに惹かれてパフュームを購入したのは初めてです。なんせ名前が「RENTLESS(レントレス)」です。意...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
 あらゆることを忘れてしまっても、「匂い」は忘れないといいます。そのことをわたしは16歳の時に知ったので、17歳の春、とても好きな人ができたときに、香水を...
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
〈LUSH(ラッシュ)〉の「シャンプーバー缶」。ピルケースとしても、絡まりがちなイヤホンのケースとしても使えます。
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
1828年に誕生して以来、皇室御用達の高級フレグランスメゾンとしての地位を確立し、数々の名品を世に送り出してきたゲラン。この秋発売した新作『フォール フラ...
車内に吊るすタイプのエアフレッシュナーが有名な〈Little Trees〉。アメリカだけで毎年4億枚(!)が売れているそうです。なかでも人気、というか定番...
〈LUSH(ラッシュ)〉から発売されたワッペンです。アイロンで簡単にシャツや帽子につけられます。税込500円。見た目カワイイけれど、それだけじゃありません。
色鮮やかな石鹸やバスボムが代名詞の化粧品ブランド。「LUSH」をそう認知している人は少なくない。かくいう僕もその一人だった。でも、たった2日のロンドン滞在...
このタブレットの真価は、特徴的な使い方ではなく、使用後の口内の爽快感にあります。ミントでリフレッシュさせる……というのが、マウスウォッシュの定番ですが、「...
数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
ライター・Zara Barrie氏が、女性として、いつでもセクシーな気分でいるための方法を伝授!参考にしてみては?私は、「セクシーな気分」になるのが大好き...