調香師ってどんなお仕事?「ディオール」のドキュメンタリー映画が公開

「メゾン クリスチャン ディオール」専属調香師である、フランソワ・ドゥマシー氏に2年間密着したドキュメンタリー映画『NOSE 調香師 ‒ 世界で最も神秘的な仕事』が、先月公開された。

フランス・グラースに生まれ、視覚や聴覚と同様に、嗅覚を大切にする家族のなかで育ったドゥマシー氏には、類稀なる想像力調香技術の素質が身についていた。

「私は芸術家ではなく職人である」という理念のもと、フレグランスに用いる最高品質の原料を求めて、世界14ヵ国の旅に出かけるドゥマシー氏。

驚くべきは、原料に惚れ込んだ農家には、その場で名刺を渡して、ディオールとの専属パートナーシップを結んできたということ。

香りへの飽くなきこだわりと同時に、地域に伝わる熟練の技術や伝統も守り続けているのだ。

© Christian Dior/YouTube

「この世界に入ったら、抜け出すことはできないよ。それほど中毒的なんだ」と微笑むほど、香水愛の深いドゥマシー氏を描いた映画公開を記念して、同ブランドが素敵な仕掛けを用意した。

公式オンラインブティックにて、5,500円(税込)以上購入する際に、【NOSE21】のプロモーションコードを入力すると、数量限定で嗅覚体験ツール「ODORAMA」がもらえるというのだ。

『NOSE』は、「Apple TV」「Amazon Prime Video」「Google Play」でレンタル可能。神秘のヴェールに包まれた調香師の世界を、映画に登場する香りと共に覗いてみるのはいかが?

© amata_mika/Twitter
Reference: DIOR
Top image: © パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事