最強ファンク映画「ジェームス・ブラウン」のドキュメンタリーが公開(6月18日〜)

映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミック・ジャガープロデュースによるドキュメンタリー作品だ。

JBの資料を管理している「James Brown Estate」から、”所蔵資料を自由に見ていい”という異例の全面協力を得て制作が進められた。貴重な未公開映像や写真が盛りだくさんで、その魅力を語ったミュージシャンたちのコメントも文句無しにソウルフル!

ファンクの生みの親
JBの“魂”に燃えろ

まずは、UPLINKが紹介している日本人ミュージシャンのコメントを見てみよう。

あけすけな差別や暴動や公民権についてのギザギザした争いもない現代。あしたのジョーのような本当のどん底から出てきた男がいない時代。

もう二度と、こんな火の玉のような男は現れないでしょう。

獣のようなダンスと歌。何故誰も彼のように炎のステップが出来ないか、この映画をみればつくづくわかります。現代はこんな火の玉のような男はいないからです。

ーー岡村靖幸

観たことない映像だらけでソウルからファンクへのジェームス・ブラウンの軌跡をたどる。単行本『俺がJBだ!』にも、再現版『ジェームス・ブラウン』にもなかった(と思う)公民権運動への関与の記録映像も。お宝だらけだった!

ーーいとうせいこう(作家・クリエーター)twitterより

都市伝説の如く語り継がれてきた、JBによる「武勇伝」ともいえる所業の数々。それらがもはや世界遺産クラスな未公開映像、そしてJBに所縁のあるレジェンド達が惜しげもなく語る証言で紡がれたこの映画によって、

JBが『I’m Real』、つまり全て事実であり真実であったことが証明された!

ーーオカモト"MOBY"タクヤ(SCOOBIE DO)

ソウル界のゴッドファーザー
「ジェイムス・ブラウン」

作中にはブーツィー・コリンズやメイシオ・パーカーなど、彼のバックバンド「The JB's」の面々をはじめとする関係者の生の声が収録されている。その才能や伝説を裏付ける多くのエピソードが聞けるに違いない。

1933年。大恐慌の最中に生まれ貧民街で育った彼は、教会で鍛えたゴスペル仕込の歌で、幼い頃から歌唱イベントに出場しては優勝をさらう類まれなる歌唱力の持ち主だったそうだ。

その実力が認められた後も、ショービジネス界で最も働き者だと言われるほど勢力的に活動した。完璧主義だったために、ミスったバンドメンバーに罰金を払わせては、ついていけなければ即クビにするーーと、厳しく情熱的だった人物というのも有名な話。

だが、それは彼自身バンドに対して強いこだわりを持っていたという証拠だろう。そのアウトプットは歴史を見れば一目瞭然だ。彼らの音楽性に影響を受けていないミュージシャンを探すことのほうが難しいと言っても過言ではない。

その証拠に、クエストラブ(ザ・ルーツ)、チャックD(パブリック・エネミー)、カニエ・ウェスト、ジャネール・モネイ、ジャスティン・ティンバーレイクと、そうそうたる顔ぶれが“JBファンク”への愛情や憧れを語っている。

それほどのパフォーマンスを当時のグルーヴ感とともに劇場で体感できると想像しただけでカラダがうずいてこないだろうか。

社会派監督が描くファンク史
日本語字幕にも注目

監督には、社会派作品を数多く手がけ、アメリカ兵がアフガニスタンのタクシー運転手を拷問死させた事件を描いたドキュメンタリー『闇へ』でアカデミー賞ドキュメンタリー映画賞を受賞したアレックス・ギブニー氏が抜擢。過去に発表されているJBドキュメンタリーとは一線を隠す仕上がりになっている。

さらに、1970年頃のファンクサウンドがコンセプトであるファンクバンド「オーサカ=モノレール」の中田亮が日本語字幕の監修を行っている点も見どころの一つだ。

先行上映会には特別ゲストも!

6月15日には、渋谷アップリンクにて先行上映イベントが開催される。中田亮と在日ファンクのリーダー浜野謙太が登場し、JBについて語る。より深く作品を味わえる貴重なチャンスだ。見逃せない!

【概要】

■映画タイトル
『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』

■公開スケジュール
2016年6月18日(土)角川シネマ新宿、渋谷アップリンク、吉祥寺オデヲンほか全国順次ロードショー

■脚本・監督
アレックス・ギブニー
プロデューサー:ミック・ジャガー

■出演
ジェームス・ブラウン、ミック・ジャガー、アル・シャープトン、メイシオ・パーカー、メルビン・パーカー、クライド・スタブルフィールド、アルフレッド“ピーウィー”エリス、マーサ・ハイ、ダニー・レイ、ブーツィー・コリンズ、フレッド・ウェズリー、チャックD、アーミア“ クエストラブ” トンプソン

■先行上映イベント
『JB Forever 〜オレらの JB を語ろうぜ〜 Night』

2016年6月15日(水)19時15分開場/19時30分上映開始。上映後トークイベント。ゲスト/中田亮(オーサカ=モノレール)・浜野謙太(在日ファンク)

■問い合わせ
http://www.uplink.co.jp/mrdynamite/

©2014 Mr. Dynamite L.L.C.
Licensed material used with permission by UPLINK
毎シーズン、ボーダーだけでなく魅力的な単色「SOLID」もラインナップされている、〈セントジェームス〉の「ウエッソン」。
千葉県いすみ市にあるオーガニック農園「Brown’s Field(ブラウンズフィールド)」。ここのオーナーは、マクロビオティック料理家の第一人者である中島...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
二十歳の頃、ブラックミュージックのムーブメントが起きた。ボビー・ブラウンの“Every Little Step”やM.C.ハマーの“U Can’t Tou...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
1万以上の応募作品の中から厳選された、約250作品が上映されます。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
久々に胸が熱くなった。街のトライアスロンならともかく、世界中の超一流アスリートが集結する大会での出来事である。9月18日、メキシコのコスメルで開催された「...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...