ココナッツオイルブームの火付け役が新展開。「ジャンクでも、ちゃんとオーガニック」なスイーツ店

今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。

オーガニックなんだけど、ジャンクな要素もしっかり。え?相容れないはずのこのふたつ。それが、ちゃんとフュージョンしているんです。

かわいくてワクワクする
けど、ちゃんとオーガニック

鮮やかなベリーソーダにラムレーズンのアイスをトッビングしたこのクリームソーダ。グビッといけば一瞬で蒸し暑さから解放されて、心もカラダもリフレッシュできそうですよね。それでいてオーガニックだっていうんだから、もうHAPPY間違いなし!

フレーバーは、有機のクランベリージュースに天然のアガベシロップで甘みをプラスしたもの。こちらも有機ココナッツクリームをたっぷり使用した濃厚ビーガンアイスをトッピングしています。

つまりは、見てかわいく、食べておいしい。だけどちゃんとオーガニックしているソーダという訳です。

BROWN SUGAR 1ST.
初の路面店、神宮前にOPEN

天然フレーバーのみでつくるオーガニックソーダとココナッツミルクをベースにしたアイスクリーム、クッキー、さらにはオリジナル商品を取り揃えた「BROWN SUGAR 1ST.(ブラウンシュガーファースト)」。2016年6月9日、東京・神宮前にオープンしたばかりというのに、甘いものをガマンしたくないスイーツラバーたちで賑わう、いま話題のショップがここ。

すでに、情報感度の高い人であれば店名を聞いてピンと来ているはず。そう、ここは有機エキストラバージンココナッツオイルの火付け役となった、あのブラウンシュガーファーストがオープンした初の路面店なのです。

注目度の高さがいまいちピンと来ていない方のために、このお店のことをかいつまんで説明していきましょう。

子どもが安心して
食べられるおやつを。
Farmer's Marketからスタート

「わが子に食べさせたいかどうか」、ブラウンシュガーファーストの素材選びは、この理念にすべてが凝縮されている。とは、代表荻野みどりさんの談。妊娠・出産を機に、「子どもに安心して食べさせられるおやつ」を販売するビジネスを開始した人物です。

まだ小さかった娘さんを背に、青山・国際連合大学前の「Farmer's Market」でお手製のウーピーパイなどのお菓子を販売していた荻野さん。よりカラダにいいものを求めるなかで巡り合ったのが、バターにとって代わる原材料、有機ココナッツオイルでした。

ココナッツオイルで作ったお菓子の人気は瞬く間に広がり、オイルの輸入卸にも力を入れるようになった彼女。こうして、青山の露店から始まったココナッツオイルブームは、今日私たちが知るところとなったわけです。

「ジャンク」×「オーガニック」
ガマンの代わりにワクワクを

もはや、日常のなかに浸透した感のあるオーガニック。けれど、実際のところ有機と無農薬の違いがイマイチよく理解できていなかったり、どこかマジメで高級志向のイメージが付いて回るのが本音、という人だって少なくないはず。

「この意識をまずは取っ払い、あれはダメ、これはNGとガマンするよりワクワクを優先してほしい」、こう荻野さんはオーガニックへの窓口を開いてくれます。対極に位置するはずの「ジャンク」を、あえてオーガニックと掛け合わせる斬新なコンセプトも、もちろん彼女ならではの戦略。

「週末に遠出して、自然に癒されるだけがオーガニックではありません。都会にいたって、アイデアと選択次第でオーガニックライフは実践できますよ。日常のなかで少しでも自然とのつながりを感じてワクワクしてくれたら最高ですね」

ショップの棚にずらりと並んだ「ガマンしないオーガニックおやつ」たち。

あれもこれもとガチガチに周りを固めてしまうよりも、ちょっと「ジャンク」な側面を残してあげることで、より「オーガニック」を身近に感じることができる。

なんだか「無理しなくてもいいんだよ」、と背中を押してくれているように聞こえませんか?キレイになりたい、だけど甘いものに目がない人。これ以上のワクワク、他にありませんよね。

Licensed material used with permission by 株式会社ブラウンシュガーファースト
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
本日1月14日から紅茶を使ったスイーツ専門店「Tea Sweets Lab. CONTENART(ティースイーツラボ・コンテナート)」が東京・代々木にオープン。
ペットにもオーガニック!化学農薬、化学肥料、遺伝子組み換え、化学種子消毒なし、ヨーロッパで有機認証を取得した安心安全なタネから作るねこ草を紹介。
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
スイーツに関連する調査でも、必ずトップに入り込む定番デザート「アイスクリーム」。しかし健康やダイエットのためにあまり食べないようにしている人も少なくない。...
ここ数年若者の間で人気の「ターメリックラテ」。スイーツにアレンジしてみたら、美への探究心が強めな方向けの一品ができました。
ハワイで数々の賞を受賞するカイルアエリアの人気クレープダイナー「Crepes NoKa'Oi(クレープノカオイ)」が、6月20日、自由が丘にオープン。
「HAPS(High Altitude Platform Station)」と呼ばれる空飛ぶインターネット基地局がナイロビ上空を飛行中。「Alphabet...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
パティシエのTal Spiegelさんが運営するインスタグラムのアカウント。パクリと齧りつきたくなるような色とりどりのスイーツがずらりと並んでいます。スイ...
以前は友だちとのテキストメッセージが息抜きだったのに、最近面倒になって後回し…。そこには「今」の世情が関係していた!
5月、緊急事態宣言中、UberEatsで月収100万円。こんなウソみたいなことを成し遂げたのが、大村達郎という人物だ。メディアにも出演しない彼にたくさんの...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
あの「スリーツインズ アイスクリーム」からダイエットに特化したアイス「スリムツイン」が新登場。
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?見た目だけでなく、味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「MACAPRESSO TOKYO」ぷくっとしたフ...
千葉県いすみ市にあるオーガニック農園「Brown’s Field(ブラウンズフィールド)」。ここのオーナーは、マクロビオティック料理家の第一人者である中島...
フィリピン発スイーツショップ「マッチャラボ」が、高円寺駅前に22日オープン。看板メニューは、常夏の国・フィリピン生まれの新スイーツドリンク「タホ(TAHO...