塊根植物ブームの火付け役に聞いた「注目のNEXT植物」

前回のインタビューで「私物の塊根植物はすべて売りに出している」と語ったBOTANIZE代表・横町健さん。

ところが、塊根植物ではないにせよ、オフィスのデスク横でひっそりと育てている植物があった。曰く、「次のトレンドになるかもしれない」とのこと。

とにかく、葉っぱの色味を見て面食らった。

「これがいまの僕の唯一の私物植物。次のトレンドになるかもしれないですね。乾燥ではなく、ミスト、湿度が好きなんです。僕自身がちょっと乾燥系に疲れていて、ミスト系に癒しを求めてるのかもしれません(笑)。

すごくないですか?葉っぱが迷彩柄なんです

アグラオネマ・ピクタム
©2020 NEW STANDARD
アグラオネマ・ピクタム
©2020 NEW STANDARD

「人工的に見えるけれど、もちろん自然が織りなす柄。たまらないですね。

2色だけでなく、3〜4色のものもあります。安くて2000〜3000円、高くて60000〜70,000円といったところでしょうか。

名前はアグラオネマ・ピクタム。パキポディウムはほぼマダガスカルですが、これはインドネシアなど亜熱帯の植物です。

だから、強い日差しを当ててしまうと葉っぱが焼けてしまう。パキポディウムとはまったく管理方法が違って、どちらかというとこちらのほうがラク。熱や強い光が要らないですし、パキポディウムの天敵である梅雨だってむしろ歓迎。いまはこれを完全に自分の趣味として育てています。

じつは、11月に『CONVERSE TOKYO』さんと村上淳さんの『SHANTi i』、そして『BOTANIZE』でイベントを開催するんです。本物か!っていうほどリアルなCONVERSE ALL STARの鉢を販売するのですが、そのイベントでこのアグラオネマ・ピクタムもお披露目しようと思ってるんです。楽しみにしていてください」

※次回、「横町さんのMY FAVORITE CAUDEX編」は明日公開予定

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんにオススメの鉢を聞いた。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「オススメの塊根植物」を聞いた。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。まずは1...
フェムテックブランド「NAGI(ナギ)」が、4月5日より学割プランを開始。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんが偏愛する3種。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は1...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の発根管理方法」を聞いた。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
4月19日から、オーストラリアとニュージランド間を隔離措置なしで自由に移動できるようになると、ニュージランドのJacinda Ardern首相が発表した。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...