塊根植物ブームの火付け役に聞いた「注目のNEXT植物」

前回のインタビューで「私物の塊根植物はすべて売りに出している」と語ったBOTANIZE代表・横町健さん。

ところが、塊根植物ではないにせよ、オフィスのデスク横でひっそりと育てている植物があった。曰く、「次のトレンドになるかもしれない」とのこと。

とにかく、葉っぱの色味を見て面食らった。

「これがいまの僕の唯一の私物植物。次のトレンドになるかもしれないですね。乾燥ではなく、ミスト、湿度が好きなんです。僕自身がちょっと乾燥系に疲れていて、ミスト系に癒しを求めてるのかもしれません(笑)。

すごくないですか?葉っぱが迷彩柄なんです

アグラオネマ・ピクタム
©2020 NEW STANDARD
アグラオネマ・ピクタム
©2020 NEW STANDARD

「人工的に見えるけれど、もちろん自然が織りなす柄。たまらないですね。

2色だけでなく、3〜4色のものもあります。安くて2000〜3000円、高くて60000〜70,000円といったところでしょうか。

名前はアグラオネマ・ピクタム。パキポディウムはほぼマダガスカルですが、これはインドネシアなど亜熱帯の植物です。

だから、強い日差しを当ててしまうと葉っぱが焼けてしまう。パキポディウムとはまったく管理方法が違って、どちらかというとこちらのほうがラク。熱や強い光が要らないですし、パキポディウムの天敵である梅雨だってむしろ歓迎。いまはこれを完全に自分の趣味として育てています。

じつは、11月に『CONVERSE TOKYO』さんと村上淳さんの『SHANTi i』、そして『BOTANIZE』でイベントを開催するんです。本物か!っていうほどリアルなCONVERSE ALL STARの鉢を販売するのですが、そのイベントでこのアグラオネマ・ピクタムもお披露目しようと思ってるんです。楽しみにしていてください」

※次回、「横町さんのMY FAVORITE CAUDEX編」は明日公開予定

Top image: © 2020 NEW STANDARD
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんが偏愛する3種。
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんにオススメの鉢を聞いた。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。まずは1...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は1...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は3...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。