ブームの火付け役・横町健が偏愛する「塊根植物3選」

塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。

そんな目利きが「これはヤバい!」と唸る植物とは一体どのようなものなのか?

価格帯は自由。他人にオススメかどうかはこの際問わない。いま横町さんがもっともタイプだと思う株を、BOTANIZEの温室から3つセレクトしてもらった!

01.
オペルクリカリア・パキプス

オペルクリカリア・パキプス
©2020 NEW STANDARD
オペルクリカリア・パキプス
©2020 NEW STANDARD

「大きなパキプスも迫力があっていいのですが、僕はこれくらいの手の平サイズが好き。枝ぶりも申し分ないですね。あとはinvisible inkの鉢。BOTANIZEの四角のマークが入った別注品なので、かなり思い入れが強いんですよ」

価格:28万円(税別)

02.
ユーフォルビア・オベサ

ユーフォルビア・オベサ
©2020 NEW STANDARD
ユーフォルビア・オベサ
©2020 NEW STANDARD

オベサは自分のアイコンともいうべき植物。僕がオベサをInstagramに載せると昔からのお客さんは『やっぱりケンさんはオベサだよね』ってコメントしてくれるほど(笑)。オベサを最初に集めまくったところから、僕の塊根植物人生がスタートしましたから。

中でもこれは、仔吹きじゃなく分頭の二頭オベサ。珍しいし、サイズもフォルムも好みです」

価格:2万8000円(税別)

03.
パキポディウム・アンボンゲンセ

パキポディウム・アンボンゲンセ
©2020 NEW STANDARD

「友人でもある沖縄のMINE FARMからやってきた実生のアンボンゲンセ。彼が種からずっと大切に育ててきたものをBOTANIZEで受け継ぎました。うちに来てから3年目くらいかな。倍ぐらいのサイズに成長しました。

友人がイチから作ったということで思い入れがありますが、形も綺麗。アンボンゲンセはやっぱりトゲが強くていいですね!」

価格:2万円(税別)

※次回、「オススメ塊根植物 予算1万円編」は明日公開予定

Top image: © 2020 NEW STANDARD
白金のエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」代表の横町健さんに「注目のNEXT植物」を聞いた。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんにオススメの鉢を聞いた。
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。まずは1...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は1...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の発根管理方法」を聞いた。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は3...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。