SFのような世界が表現された「植栽照明」。

「植栽というジャンルは、自然への挑戦である。限られた空間で自然環境を形成する作業は、口では言い表せない感覚が必要となる。"生かさず殺さず"という言葉がまさに的確といえる」

これは、「Re:planter」の屋号で活動する植栽家・村瀬貴昭氏の言葉である。

なぜ鉢ではなく、電球なのか。

初めて見た彼の作品は、電球のなかに多肉植物や苔が植えられた「スペースコロニー」という照明だった。鉢ではなく、使われなくなった電球に植栽したのはなぜなのだろうか。

無人の土地に打ち捨てられた人工物が、自然によって上書きされていく様子に美しさや儚さを感じたのが、私の表現の原点です。そこから植生や自然の環境循環に興味を持ち始め、"コンパクトな空間で自然を作れないか"と模索しました。辿り着いた一つの答えがこの植物照明だったのです」

太陽光の代わりにLEDを、雨の代わりに週1、2度の水やりを、嵐や雪などで枝が間引かれる自然環境の代わりに剪定が必要となる。盆栽を育てるのが初めての人でも、管理ツールが付いているのでご安心を。

話を聞くまでは、正直なところビジュアルのインパクトだけなのではないかと思っていた。だが、この植物照明の球内には自然の摂理が反映されていたのだ

街の景色に新しい視点を。

「光源に照らされるスペースコロニーは、苔の胞子の小さな変化まで観察ができます。その細部の視点で生活してみると、出勤中でも街の景色が面白くなる」と村瀬氏はいう。

もちろん都市に「大自然」はない。だが壁伝いにツタが這っていたり、道路のわずかな隙間に苔が生えていたりと、「植物が人工物と融合する様子」はいたるところに見られる。もしも今世界が滅びたとしたら、きっと植物はコンクリートの建物をじわりじわりと侵食していくだろう。そんなSFのような景色を、村瀬氏は作品のなかに表現する。

消費社会へのメッセージ

電球以外にも、使われなくなったテレビに植栽したインスタレーションも。

現代社会は新しいアイテムが大量に生み出されて便利にはなっていますが、人の創造性はなくなってきている気がします。創造性がなくなることは、心が貧しくなっているとも言えると思います。しかし、例えば旧製品を捨てる前に植物を植えてみるようなDIYが一般化すれば、社会はもっと豊かになるのではないでしょうか」

現代社会への村瀬氏の視線は、植物を通して語られていく。

Licensed material used with permission by Re:planter(HP), (Facebook), (Instagram)
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
自然の風景の断片を切り抜き、鉢の中に閉じ込める盆栽。ハサミを手に、難しそうな顔つきで剪定する“年配者の趣味”くらいにしか思っていないかもしれませんが、近年...
街中の花壇や路地でスケボーの練習をしている若者を目にすることがあるのですが、先日、盆栽がスケボーに乗っているのを見かけました。しかもよく見ると、盆栽が入っ...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。NYを拠点に活動するRichard...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
ただ壁に掛けるだけでもよし。大きなガラス窓を背景にすれば、空間に枝葉が浮かんでいるような演出も。もちろん、本物のグリーンと合わせてもステキ。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
必ずしもそれだけが「おしゃれな部屋」の定義ではないんだけど、間接照明と観葉植物のセレクトには、なぜだかこだわりが抜けない。本当ならば陽の光をいっぱいに浴び...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...