植物の水やり、もっとエコにできるみたい。

植物の水やりには水道水、あるいはお米のとぎ汁などでまかなっている人が大半だと思います。でも、そもそも屋外の草木は雨にあたるわけだから、雨水っていう手もアリですよね。

雨水を貯めておいて、水やりができる。

排水管に取り付けておくだけで、雨が降ると自動的にタンクに貯水される「Raindrop」。水が貯まったら、蛇口をひねって水道と同じように使うことができます。

いわゆる「貯水タンク」は、樽の形で"いかにも節水をしている"感じが出てしまうものが多いですが、これはオランダのデザイン会社が出していることもあって、庭に設置してもあまり違和感がなさそう。タンクとじょうろが一体型になってるっていうのもスマートです。「しずく型」っていうのもひとひねりあって、いくつかデザイン賞も受賞しているみたいですよ。

Licensed material used with permission by Studio Bas van der Veer
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
ウォーターローションとシリコンローションのいいとこ取りをしたような、肌なじみがいいテクスチャーが特徴です。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
観葉植物を育てている人ならではの悩み。それは、「ジョウロをしまう場所」。結構邪魔なんですよね〜。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
最近よく聞くSDGsで出てくるレジリエンスってどういう意味?この疑問にお答えします!
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
今夏持ち歩きたい“香りつき”の除菌ジェル、除菌スプレー、アロマハンドスプレー(ミスト)をピックアップ。SHIRO、ニールズヤード、パーフェクトポーション、...
村の古民家に暮らすように泊まれる分散型ホテル「NIPPONIA 小菅 源流の村」に、8月7日、新棟「崖の家」がオープン。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
「Biopack」は、誰もが簡単にゴミの排出量の削減をできるように設計されたパッケージです。ギリシャ生まれのデザイナーGeorge Bosnasさんが手が...