植物の水やり、もっとエコにできるみたい。

植物の水やりには水道水、あるいはお米のとぎ汁などでまかなっている人が大半だと思います。でも、そもそも屋外の草木は雨にあたるわけだから、雨水っていう手もアリですよね。

雨水を貯めておいて、水やりができる。

排水管に取り付けておくだけで、雨が降ると自動的にタンクに貯水される「Raindrop」。水が貯まったら、蛇口をひねって水道と同じように使うことができます。

いわゆる「貯水タンク」は、樽の形で"いかにも節水をしている"感じが出てしまうものが多いですが、これはオランダのデザイン会社が出していることもあって、庭に設置してもあまり違和感がなさそう。タンクとじょうろが一体型になってるっていうのもスマートです。「しずく型」っていうのもひとひねりあって、いくつかデザイン賞も受賞しているみたいですよ。

Licensed material used with permission by Studio Bas van der Veer
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
白金のエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」代表の横町健さんに「注目のNEXT植物」を聞いた。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
観葉植物を育てている人ならではの悩み。それは、「ジョウロをしまう場所」。結構邪魔なんですよね〜。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんが偏愛する3種。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんにオススメの鉢を聞いた。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。