今すぐ実践「人工観葉植物」でこそのレイアウト6選

ここ数年、インドアグリーンに「人工観葉植物」を選ぶ人が増えている。グリーンのあるインテリアを気軽に楽しめるアイテムだが、リアルな植物をそれに置き換えればいいという、単純な話ではない。

そこで、人工観葉植物ならではの特性を活かしたインテリア実例をご紹介。リアルな植物とうまく併用することで、インテリアはもっと自由になる!

 

01.
レンジフード上のデッドスペース

©2019 NEW STANDARD

水まわりとグリーンの相性は言わずもがなだが、カウンターや流し台などキッチンでは飾るスペースが意外と限られてしまうもの。そこでオススメしたいのがレンジフードだ。形状にもよるが、レンジフード上のデッドスペースは人工観葉植物でこその場所。

目線より上に位置するぶん、造花っぽく見えてしまう柄の部分も隠せて一石二鳥。コンロから発する熱や油飛びも人工観葉植物であれば許せる範囲だろう。

オススメ人工観葉植物

シダ、ティーリーフ、ブラックローカストなど

 

02.
日当たり不問のバスルーム

©2019 NEW STANDARD

人工観葉植物が映える場所のひとつがバスルーム。日当たり不問、少しくらい水に濡れても問題なしと利点が生きる。レイアウト次第では森林浴(気分)を味わえるはず。ランドリーパイプやタオルかけにガーランドタイプの人工観葉植物を巻きつけたり、ソープ類を置く収納もちょっとしたグリーンで飾ることができる。

オススメ人工観葉植物

スマイラックス、クレマチス、アイビー、ハツユキカズラなど

03.
ワークデスクの壁際、窓際

©2019 NEW STANDARD

スペースが限定されるデスクも、土や水が不要な人工観葉植物はコンパクトに配することができる。

エアプランツでおなじみのティランジアなど、単体で存在感のあるものならば、そのまま直にごろっと置いても様になる。あるいは、葉が小さく茎も短めのものを選んだり、数本の葉だけをカットして寄せ植えにするなど、スペースに合わせてサイズを自在に調整するのがオススメ。ポイントは、目線の延長線上にさりげなく。

オススメ人工観葉植物

キセログラフィカ、ポトス、ペペロミアなど

04.
梁見せ天井やピクチャーレール

©2019 NEW STANDARD

天井や梁といった室内の高い位置をねらい撃つのは、人工観葉植物レイアウトの鉄則。

一般的に鉢の高さやマクラメなどでハンギングすることで高さを出す観葉植物だが、水やり不要のメリットを活かせば、本物の植物では適わない天井付近から大胆に垂らすことも難なくできてしまう。ピクチャーレールにフックを引っ掛けたり、梁をうまく利用すれば、天井近くの空間演出にぐんと幅が出る。

オススメ人工観葉植物

クレマチス、シュガーバイン、ハートリーフツィッグガーランドなど

05.
ブラインドも有効活用

©2019 NEW STANDARD

種類は限られるものの、葉だけで完結する人工観葉植物の軽さがなせる技。ワイヤーの入った柄の部分をフック代わりに、そのままブラインドにかけてもいい。ご近所の樹木を借景に見立ててリアルとフェイクの共存を楽しむのも一考だ。

オススメ人工観葉植物

スパニッシュモス、アスパラガス・スプレンゲリー、ボタンリーフなど

06.
北向きの窓辺

©2019 NEW STANDARD

日中でも日差しが少ない北向きの部屋に無理をして本物の植物を飾るくらいなら、割り切って人工観葉植物を用意してはいかがだろう。

アンティークのガラスびんやグラスに本来は不要の水をあえて注いでもいい。リアルを演出するテクニックだ。

オススメ人工観葉植物

ファーンハンギングブッシュ、アジアンタム・ルーシー、ワイヤープランツなど

Top image: © 2019 NEW STANDARD

上手に暮らしのなかに取り入れていけば、
グリーンライフがもっと充実したものに

というわけで、こんな特集を用意しました。
⬇︎
⬇︎

フェイクグリーンがインテリアを自由にする
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
フェイクグリーンの実例レイアウト術。水まわり、ワークデスク、天井付近、フェイクの特性を活かした飾り方に注目。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...