塊根植物ブームの火付け役に聞いた「オススメの鉢3選」

塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。

ここまでは主に塊根植物について話を聞いてきた。が、やはりそこは「BOTANIZE」。オススメの鉢だって聞かずにはいられない。

塊根植物の魅力をより一層引き立たせる作品を3つセレクトしてもらった。

01.
GOUJIN

©2020 NEW STANDARD

「この夏から新しくお取り引きを始めた『GOUJIN』さんの鉢。もうすでに人気が出始めていて、先日もオンラインにアップした途端に完売でした。ぷっくりしたグラキリスがよく似合うと思います。

『GOUJIN』さんは今後も別注をお願いしたりとお付き合いが密になっていく作家さん。年末のイベントに向けても大量に仕込んでもらっていますよ」

02.
NO NAME

©2020 NEW STANDARD

「こちらの『NO NAME』さんとも昔からお付き合いがあります。黒の釉薬を使わず、白いスプラッシュで仕上げ。カッコイイですね。

これはパキプスやアデニア、潅木系など背丈のある植物のために作っていただいたもの。ちょうどいいサイズで背丈のあるものって意外と少ないんですよ」

03.
ST

©2020 NEW STANDARD

「BOTANIZEが望むテクスチャーをしっかりと表現してくれる『ST』さんの鉢。彫り込みがポイントで、三段になっているところを互い違いに彫り込んでいて、ラインに合わせてうまく水抜きを作ってるんです。

これもパキプス用に作っていただいたもの。主根が長いので、ある程度高さがあるものがフィットします」

※次回、「塊根植物の育て方編」は近日公開予定

Top image: © 2020 NEW STANDARD
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんが偏愛する3種。
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「オススメの塊根植物」を聞いた。
白金のエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」代表の横町健さんに「注目のNEXT植物」を聞いた。
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。まずは1...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は1...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は3...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の発根管理方法」を聞いた。
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。