塊根植物ブームの火付け役に聞いた「オススメの鉢3選」

塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。

ここまでは主に塊根植物について話を聞いてきた。が、やはりそこは「BOTANIZE」。オススメの鉢だって聞かずにはいられない。

塊根植物の魅力をより一層引き立たせる作品を3つセレクトしてもらった。

01.
GOUJIN

©2020 NEW STANDARD

「この夏から新しくお取り引きを始めた『GOUJIN』さんの鉢。もうすでに人気が出始めていて、先日もオンラインにアップした途端に完売でした。ぷっくりしたグラキリスがよく似合うと思います。

『GOUJIN』さんは今後も別注をお願いしたりとお付き合いが密になっていく作家さん。年末のイベントに向けても大量に仕込んでもらっていますよ」

02.
NO NAME

©2020 NEW STANDARD

「こちらの『NO NAME』さんとも昔からお付き合いがあります。黒の釉薬を使わず、白いスプラッシュで仕上げ。カッコイイですね。

これはパキプスやアデニア、潅木系など背丈のある植物のために作っていただいたもの。ちょうどいいサイズで背丈のあるものって意外と少ないんですよ」

03.
ST

©2020 NEW STANDARD

「BOTANIZEが望むテクスチャーをしっかりと表現してくれる『ST』さんの鉢。彫り込みがポイントで、三段になっているところを互い違いに彫り込んでいて、ラインに合わせてうまく水抜きを作ってるんです。

これもパキプス用に作っていただいたもの。主根が長いので、ある程度高さがあるものがフィットします」

※次回、「塊根植物の育て方編」は近日公開予定

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「オススメの塊根植物」を聞いた。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんが偏愛する3種。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。まずは1...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は1...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は3...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...