ブームの火付け役に聞いた「オススメ塊根植物4選」

塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。

そんな目利きがオススメする塊根植物を、予算別に教えてもらった。

もちろん、気に入れば「BOTANIZE」で購入可能なものばかり。これから始めたいという人も、長年の塊根ラバーも要チェック。

横町 健

anea design Inc. CEO。自身がディレクションするカフェ「Anea Cafe」を都内4箇所で、塊根植物を中心としたエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」を代官山と白金で、東京の新たな弁当カルチャーを発信する「TOKYO BENTO STAND」を代官山で運営。アパレルやアート業界にも精通している。

【予算1万円】
パキポディウム・カクチペス

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

「国内の実生ものなので、根がしっかりしていて丈夫。いきなり未発根の現地球というよりも、まずはこの辺りからスタートしてみてはどうでしょう?自宅の環境に合った置き場所や水やりの頻度、感触などを学びつつ、パキポディウムが一年を通じてどのような動きをするのかを見てもらえたら」

価格:8000円(税別)

【予算3万円】
コミフォラ・ボラネンシス

©2020 NEW STANDARD

「いわゆる潅木で、いまパキポディウムの次に人気がある種類です。木のぺりぺりとした肌質や黒っぽさの奥に緑がある肌色がポイント。樹形も魅力です。

いまパキポディウムにハマっている方は、もう間も無くこれに興味を持つはずです。お客様の流れがだいたいわかりますから(笑)。そんなことはないと思っていても、急にめちゃくちゃ欲しくなる。でも、そのときにはなかなかなかったりするんですよね」

価格:2万8000円(税別)

【予算5万円】
パキポディウム・グラキリス

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

「スタッズの鉢はあるイベント限定で売ったもの。そのイベントの撮影で使われたモデルの株です。塊根植物の世界に足を踏み入れた方なら、グラキリスは避けて通れない。絶対にひとつはいいものが欲しいとなる中で、これは枝のバランスもいいし、ちょうどいいサイズ。もちろん発根済です」

価格:3万8000円(税別)

【予算10万円以上】
オペルクリカリア・パキプス

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

「プライス、希少性の両面において、やっぱりパキプスは塊根植物の王様というか、最終到達点。最後にいいパキプスを買いたいとなれば、これがオススメです。

ボディがぷっくりしていてバランスがいい。細長いやつよりも、断然ぼってりがいいですね。GOUJINさんの鉢も最高です」

価格:28万円(税込)

Top image: © 2020 NEW STANDARD
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんが偏愛する3種。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんにオススメの鉢を聞いた。
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
白金のエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」代表の横町健さんに「注目のNEXT植物」を聞いた。
新感覚ナイトエンターテインメント「泊まれる演劇 In Your Room 『ANOTHER DOOR -ホーリーシーズン-』」が2020年12月15日(火...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。まずは1...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は1...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の発根管理方法」を聞いた。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は3...
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。