未来の照明は「光る植物」に取って代わるかも。

植物と間接照明でおしゃれな空間を演出するインテリアはよく見かけますが、将来的には「植物が照明になったもの」がお部屋で大活躍するかもしれません。

マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。

ホタルの発光酵素
「ルシフェラーゼ」に着目

夏の川辺に舞うホタルのような淡い光を想起させますが、ホタルはルシフェラーゼという酵素によって、ルシフェリンと呼ばれる物質を酸化させることで発光します。

MITの研究者であるMichael Strano氏はこれに注目。ルシフェラーゼとルシフェリン、そしてこれらの反応を助ける補酵素Aという3つの分子をナノサイズにパッケージングして、クレソンの葉の中に埋め込みました。

クレソンの他にもタバコ、ルッコラ、ケール、ホウレンソウ、シロイヌナズナでこのプロセスを実証しているStrano氏。次なるステップでは、酵素のナノ粒子をペイント、またはスプレーすることで、より手軽に植物を光らせたいとのこと。

クレソンの実験では、光はわずか45分程度しか持続しませんでしたが、将来的にはその植物が生涯通じて発光するように改善し、町の街灯を植物そのものでまかなえるようにしていきたいと考えています。

発光のタイミングについても、太陽光が当たることで自然と光が消え、日が沈めばそれに反応して光るようなシステムを作り上げていきたいと語る研究者。

街路樹が光り、街を照らし出す様子はさながらファンタジー。でもそれが現実になる日も、そう遠くないのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Melanie Gonick/MIT
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
照明からスピーカーまで、これまでさまざまな“雲”を世に送り出し、その度に注目を集めてきた「Richard Clarkson Studio」。そんな彼らが最...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
白金のエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」代表の横町健さんに「注目のNEXT植物」を聞いた。
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんが偏愛する3種。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
「Re:planter」の屋号で活動する京都在住の植栽家・村瀬貴昭氏。鉢ではなく、電球に植えられた盆栽。彼が使われなくなったテレビやPC基盤、電球に植物を...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんにオススメの鉢を聞いた。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。