「体にいい光」で部屋を照らす未来のルームランプが登場!

部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって正直面倒です。

きっといずれはその時の"空気を読んで"自動で丁度いい明るさに切り替えてくれるランプが開発されるはず!と思っていたら、Kickstarterにありました。しかも、自動で「体内時計」を調整してくれるため健康効果も期待できるのだとか。

太陽光を再現!
「体にいいルームランプ」って?

大きく分けて2種類の光を使い分けるのがこの「Ario」の特徴。人間の体内時計に合わせて必要な色を使い分けられますが、たとえば青白いライトならストレスホルモンとして知られている脳内物質コルチゾールの分泌を促進できるそう。うまく使うことでほどよく警戒心のあるシャキッとした状態を保つことも。

一方、琥珀色の明かりはそのイメージ通り全身をリラックスさせる効果が期待できます。体内時計の調整機能がある脳内物質メラトニンの分泌を促し、眠気を誘うそうです。

さらに、この2種類のバランスを太陽の動きに合わせて自動調節してくれるのがここで紹介するルームランプというわけ。

日中はブルー系のライトで
明るくシャキッと!

夜は睡眠に向けて
リラックスムードに

Kickstarterによれば、このライトは人間が持つ本来の生活リズムを取り戻すために役立ち、様々な健康効果が期待できるそう。明るさの調整などもハーバード大学医学大学院やNASA、アメリカ国立衛生研究所の研究データをもとに設計。
たとえば、体重管理、ストレスの減少、抗酸化レベルの向上、免疫力アップなどが効果の例として紹介されています。

自然な状態で起きて寝るという当たり前のことが、想像以上に日々の生活へと影響しているのかも。

自動なので
スイッチの操作が要らない

Wi-Fiを使ってスマホから設定すれば、自動でLEDをコントロールしてくれるため基本的に操作が要りません。必要ないライトアップも防止できるため、無駄な電気代も抑えられます。

もちろん手動でも操作できますが、スマホがあればスケジューリングや光の微調整、タイムゾーンやアラームの設定など多くの機能を活用できます。しばらくWi-Fi接続が切れていたとしても問題なく動作するようです。

2016年9月の発送を予定しており、今なら日本への送料込みで329ドル(約4万円、2015年11月11日時点)から事前予約ができます。体に合わせた部屋の明かりを追求するなら要注目のアイテムかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Ario
おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、ホームページによればこの証...
そんな光の波紋をずっと見ていたい。という気持ちに応えるルームライト。
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
今日はムーディーに、明日はパーティー気分で。シーンに合わせて変形する優等生な照明。
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
お金を入れないと点灯しない仕様。むか〜し旅先にこんなテレビがあった気がしますが、光やエネルギーの価値について改めて考えさせてくれる、ちょっと不便なところが...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
北欧のデザイン会社が開発したミニマリストなランプ。LED製のため1日6時間使ったとしても約14年ほど持つそうです。お値段も約3,600円〜とお手頃。地球と...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...