受験のお守りにピッタリ(?)な照明です。

重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。

って、これを見て、今の時期にピッタリと思ったのは私だけでしょうか?落ちそうで絶対に落ちないなんて、なんだか受験の願掛けに良さそう!

受験生、要注目。

8dd0a685e25fd4f9a2406ad34703819539f7b622

これは、1月20日からパリで開催されるインテリアデザインフェア「maison & objet」に出展される照明。バルセロナ在住のプロダクトデザイナーVictor Castaneraが設計しています。

1d1e469f6cb4680d4c647f3f4abd4c4e891c45a1

危ういバランスを前に、つい支えようと手を伸ばしたくなります。でも、まったく心配なし。なぜなら、仕組みはシンプルで、差し込み式になっているから。

8f9b1755a05f310541689f85b1f2ac44e65c7952

Victor Castaneraは、このデザインについて、「見るものの好奇心を喚起したかったんだ」とコメント。

023f0ca786c70de0fe65578a6ca7ed3e28d9fd9d

現時点では購入できませんが、「絶対に落ちない」「未来を明るく照らす」といった意味を込めて、受験のお守り的な役割を担わせるのもイイと思いました!

Licensed material used with permission by Oblure
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
パワースポットをまわるなんて、あんまり趣味じゃないんですが、東京都内で七福神巡りっていうのができると聞いて「そんな近場で、半日でまわれるぐらいなら行ってみ...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
写真は、インテリア照明ブランド「NO VACANCY」が、処分されるスケートデッキを土台にしてつくった作品『deck neon tokyo』。3月6日(火...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
popIn Aladdinは「YouTube」や「AbemaTV」の映像を自室の壁に映し出すプロジェクター。細かい設定や操作は必要ありません。天井に設置す...
物思いにふけりたいとき、ふと夜空に浮かぶ月を見上げることがあります。その明かりがロマンチックなだけでなく、こちらの悩みを吹き飛ばして安心感を与えてくれる気...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...