オランダ人が生み出した「日本的」ランプ

「折りたたみ家具」と聞いてどんなものを想像しますか?

椅子、テーブル、ベッド、傘……
と、思いつくのはこんな感じでしょうか。

アムステルダム在住のRobert van Embricqsさんは、特殊に加工した一枚の板から組み立てるイスやテーブルなどをつくっている家具デザイナー。省スペースであることはもちろんのこと、飛び抜けたデザイン性でファンを魅了しています。

そして、こんなものまで作っていました。

1・2・3 で
アートな「ランプシェード」に
大変身

50047270833356804730555027423232

一見するとただの板が、あっという間に木材が絶妙に折り重なった芸術的なランプシェードに。

これはRobertさんが手がける「RISING LIGHT FIXTURE」。木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感です。Robertさんいわく、骨の構造や、植物の生命と動きからインスピレーションを受けたのだそう。

478839199655526466861037005045766056718521860096

近づいて見ると、こんな感じ。
木材一つひとつに、接続パーツを取り付けていて、簡単に組み立てられるよう計算し尽くされています。

テーブルやイスはもちろん、こんなランプシェードがリビングにあれば、一気にアート空間になりそうですよね。どことなく「日本的な美しさ」が感じられて、和室にも映えそうです。

インテリアの本質

6217299832864768

「折りたためること」や「フラットパックであること」は、現代社会でせせこましく生活していると、たいへんありがたい。
でも生活の利便性という側面だけでなく、心が踊ったり、あえて人に自慢したくなデザインであることのほうが、本来のインテリアには重要な要素だったりするのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Robert van Embricqs, Instagram
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
今日はムーディーに、明日はパーティー気分で。シーンに合わせて変形する優等生な照明。
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、ホームページによればこの証...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
北欧のデザイン会社が開発したミニマリストなランプ。LED製のため1日6時間使ったとしても約14年ほど持つそうです。お値段も約3,600円〜とお手頃。地球と...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。さて、今回...
写真に写っているのは、体に巻き付いた太いロープ。そしてその先端には…電球。この「Fauna Lamp」は、自由自在に曲げられちゃう一風変わったランプなんで...
一般的に、掃除機であれ何であれ、電源コードは邪魔者扱いされる存在だ。できれば表に出したくないし、なんならコードレスな商品自体を求めたりも。でも、ここで紹介...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
お金を入れないと点灯しない仕様。むか〜し旅先にこんなテレビがあった気がしますが、光やエネルギーの価値について改めて考えさせてくれる、ちょっと不便なところが...