光を付けることで完成する「動物ランプ」

ただ壁にかけられた状態ではよく分からない三角のオブジェですが、スイッチをオンにすることで、完成します。

なんだかとてもファンタジーですね。

このように、羽を広げたクジャクになるんです!

こちらは、鹿の顔。ライトをつけると、立派な角が現れます。

ヒントを得たのは
「仕掛け絵本」

このユニークな照明「POP UP LIGHTING」を作ったのは、イスラエルのデザイナーChen Bikovskiさん。ポップアップという名前の通り、そのインスピレーションは仕掛け絵本から得たそうです。

「子どもの頃、私は仕掛け絵本に夢中でした。ページをめくる瞬間のあの興奮。紙でできたレバーを引くだけで、まったく新しい世界が広がるのです。私は、物語が命を得て、紙面からファンタジーの世界が飛び出す瞬間が本当に大好きだったんです」

スイッチひとつで動物が浮かび上がる様は、確かに飛び出す絵本を思い出しますね。シンプルなデザインだからこそ、想像力をかきたてます。

スイッチを入れるだけで、まるで魔法のように美しい動物の姿が浮かび上がるこの作品、素材は素朴なボール紙と洗練されたアルミの2種類。カラーバリエーションも豊富で、無地以外にもアメリカの国旗柄からFacebookのロゴ入り(!)まで、じつにさまざま。

ボール紙版は90ドル(約10,000円)、アルミ版は290ドル(約32,000円)。公式WEBサイトからは日本にも発送してくれるようなので、お部屋にちょっとした遊び心が欲しい人は、いかが?

Licensed material used with permission by Popup Lighting
他の記事を見る
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...