ジブン空間を確保する「こもれるデスク」

机はモノではなく、場所である──。

これは、日本でも無印良品をクライアントにもつ世界的プロダクトデザイナー、ジャスパー・モリソンの言葉。

大勢が一堂に会すダイニングテーブルでも、自分だけデスクでも、なるほど空間を構成する「場所」というイメージが当てはまる(納得)。

で、氏のこの哲学をヒントに、クロアチアでこんなデスクが誕生した。腰掛けるだけでどこでもプライベートな空間をつくりだしてくれる「SecretArea」。

自分だけの秘密空間

© Miran Krčadinac

にしても、ここまでかくまう必要がある?

壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?

だったらいっそ、視野に入るいろいろを全部まとめてシャットアウト。そのときはじめて得られる極上の集中状態。いわゆるゾーンに入る感覚。仕事をするのか、趣味に打ち込むのか、何をするかはもちろん自由。

収納性もバッチリ!

© Miran Krčadinac

とにかく集中したいわけだから、余計なものがデスクの上に散乱していてはいけない。ということで、収納も十分確保。このあたり“ちゃんと”デスクしてます。すっきりしたスペースでこそ、頭も冴えるってもの。

© Miran Krčadinac
© Miran Krčadinac

USBケーブルだってスマートにまとめる。コンパクトでもこういうところもイマドキ仕様なSecretArea。とにかく徹底的に「集中」にこだわっだデザイナーIvan Goran Zunar。

© Miran Krčadinac

あなただったら、この机どんな「場所」にする?

Design: Milena Jovanović, Alica Pancer, Tomica Perković, Ivan Goran Žunar
Product photographies: Miran Krčadinac

 

 

Top Photo by ©Miran Krčadinac
Licensed material used with permission by Ivan Goran Žunar
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
「マイアミ・アート・ウィーク」で大盛況だった展示会「CASACOR Miami」。今年で2回目の参加でしたが、来場者は2万5000人以上。Instagra...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
デザイン、機能、あとは“何役”こなせるかも重要ですよね。
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「ミズノ」は、同社史上最高の反感性を実現したシューズ用ソール素材「MIZUNO ENERZY」を開発。接地時のエネルギーをため、それをできる限り逃さないこ...
お風呂のソムリエが作った「お風呂で洗えるマスク」は、サッと洗えてすぐに乾く。イタリアのバスローブの生地を利用したその素材は、丈夫で汚れも目立ちにくく、使い...
一見、落ち着いたナチュラルスタイルのインテリアに見えて、実は斬新なアイデアが反映されているインド・ムンバイのレストラン「Cardboard」。実は、テーブ...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
11月29日、オランダ発のインテリアブランド「EICHHOLTZ(アイホールツ)」が、国内初のオンラインショップ&ショールームを神戸北野坂にオープンする。
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。