ジブン空間を確保する「こもれるデスク」

机はモノではなく、場所である──。

これは、日本でも無印良品をクライアントにもつ世界的プロダクトデザイナー、ジャスパー・モリソンの言葉。

大勢が一堂に会すダイニングテーブルでも、自分だけデスクでも、なるほど空間を構成する「場所」というイメージが当てはまる(納得)。

で、氏のこの哲学をヒントに、クロアチアでこんなデスクが誕生した。腰掛けるだけでどこでもプライベートな空間をつくりだしてくれる「SecretArea」。

自分だけの秘密空間

5227821609779200
© Miran Krčadinac

にしても、ここまでかくまう必要がある?

壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?

だったらいっそ、視野に入るいろいろを全部まとめてシャットアウト。そのときはじめて得られる極上の集中状態。いわゆるゾーンに入る感覚。仕事をするのか、趣味に打ち込むのか、何をするかはもちろん自由。

収納性もバッチリ!

5779236623220736
© Miran Krčadinac

とにかく集中したいわけだから、余計なものがデスクの上に散乱していてはいけない。ということで、収納も十分確保。このあたり“ちゃんと”デスクしてます。すっきりしたスペースでこそ、頭も冴えるってもの。

6174533601984512
© Miran Krčadinac
5832416270745600
© Miran Krčadinac

USBケーブルだってスマートにまとめる。コンパクトでもこういうところもイマドキ仕様なSecretArea。とにかく徹底的に「集中」にこだわっだデザイナーIvan Goran Zunar。

6183391703597056
© Miran Krčadinac

あなただったら、この机どんな「場所」にする?

Design: Milena Jovanović, Alica Pancer, Tomica Perković, Ivan Goran Žunar
Product photographies: Miran Krčadinac

 

 

Top Photo by ©Miran Krčadinac
Licensed material used with permission by Ivan Goran Žunar
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
デザイン、機能、あとは“何役”こなせるかも重要ですよね。
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
のんびりお酒を飲めるバルコニーを持つことが、ひとつの夢。でもテーブルとチェアを置くだけのスペースを確保するのは、なかなか難しい。そんな人にピッタリな「バル...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
「Muista Active Chair」は長時間体を動かさずにいる現代人が、オフィスで体をほぐせる用に考案されたエクササイズチェアー。血行促進やストレス...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...