ヒトが「部品」

人間は、家具などのツールを
“ただのモノ”として扱い、
時に乱雑に使い、そして捨て去る。
がしかし、もしも人間とツール(家具)が
同価値なら、どうなる?
たとえば椅子。
その椅子は人間がいないと立てないし、
人間はその椅子がなければ座れない。
そう、相互に依存しているのだ。

デザイナーGUAN XIANG

ワタシが
パーツになる家具

それを使う人自体が部品となるデスクセット「Symbiotic Objects」。そう、人がいないと成立しない家具です。

冒頭のメッセージは、この家具のデザイナーであるGUAN XIANGさんの言葉。モノにあふれた何不自由ない現代社会において、人間が当たり前にモノを使い、そして捨てるということに、メッセージを投げかけているのです。

いたって真面目なメッセージが込められているけれど、まぁ、なんとも滑稽なスタイルですよね。頭に被っているランプがとくに……(笑)

「相互依存関係にあるんだ!」とGUANさんが言うとおり、この家具に全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、チカラ加減をしなくてはなりません。

椅子は2本脚。あと2本なければ使えません。だから……

使う人の脚が、椅子の“脚”に!

デスクもこれじゃ立たない。
4本中2本の脚が上を向いてしまってる。

上に向いた脚は、使う人の肩に乗せて、ようやく完成。

実用的とは言い難い家具ですが、GUANさんのメッセージがとてもよく表現されています。

人間同士だけでなく、生き物同士だけでなく、ヒトとモノにも平等を!と。

Licensed material used with permission by GUAN XIANG
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
デザイン、機能、あとは“何役”こなせるかも重要ですよね。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
最新のテクノロジーを駆使してデザインされたスツール。ユーザーの身長や体重、体型などを考慮して最適なカタチに仕上げたのだとか。
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...