この家具の「仕掛け」にアナタは気づけるか…

さて、質問です。

これは、あなたの自由な発想力を試す質問です。

 

「このキャビネットには、ある『仕掛け』が隠されています。それはなんでしょうか?そしてどのように使うと思いますか?」

 

(ふむふむ。一見すると、赤系のシンプルなキャビネットですね。)

 

少し近づいてみます。

 

(戸の部分、横に板が貼られているようにも見えるな…。)

 

さらに寄ってみましょうか。

 

(おや。板じゃない??)

 

ここまで近くで見れば、気づいた方もいらっしゃるかと!

 

正解は、

 

 

 

挟む!!

そう、このキャビネットには扉や引き出しがなく、低密度のスポンジがぎっしり詰まっているのです。そこにモノを挟んで、収納したり、隠しておいたり。収納としてのキャビネットではなく「魅せる」インテリアという、「イケメン」な発想なのです。

写真では雑誌をあえてチラ見せしているけど、完全に中につっこんで見えなくすることも可能。ただどこに何があるのか、わからなくなるかもしれませんね。

キャビネットを選ぶとき、もちろん「見た目」も重要だけど、どれくらい「収納力」があるのかが気になるところ。

でもこの「Enigma」は、そんなの一切無視。とにかく「見た目」の面白さが一番。なんなら、むしろ逆に場所をとっている。

手がけたのは、イケメンデザイナーのAlessandro Criscitoさん。

やっぱりイケメンは、考えることも「イケメン」だな〜。

Licensed material used with permission by Alessandro Criscito V., Instagram, Facebook
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
イギリスのある森で、サステイナブルな家具作りに挑戦するカップルがいる。彼らは、家具を作るために木を伐採することはしない。その代わりに、理想のカタチになるよ...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。