これからのテレビは、薄さよりも「家具」のような存在へ

部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだわり、あれってなんだったんでしょうね。

モバイルネイティブにとって、テレビを中心としたくつろぎ空間がもはや必要なくなってきたからこそ、こんなスタイルがウケているんだと思います。

どんな部屋でも、
空間に馴染んでくれる

今年「iFデザインアワード」で金賞を獲得したこのテレビ。黒物家電の印象が強いテレビのフレームを単純に白くしただけでは、当然ながらデザイン界における“オスカー賞”とまで称される場で、高評価されることはありません。

審査員たちの注目を集めたもの、間違いなく、このコンセプトがあったはずです。

テクノロジーと環境の間にある
ギャップを埋めるデザイン

「家具の延長にある家電」という、まったく新しいコンセプトでテレビをつくり上げたのは、ロナン&エルワン・ブルレック。世界を股にかけて活躍する兄弟家具デザインユニットなんだそう。

彼らが目指したのは、テクノロジーと環境の間にある、ギャップを埋めるデザイン。それをカタチにしたものが、サムスン電子とのコラボにより誕生した「SERIF TV」です。

家電としてのテレビに
「家具」の要素をプラス

床置きでも、棚の上でも、どこへ持ち運んでもその場所に自然とフィットする。そのためのフレームデザインは、横から見ると分かるようにアルファベットのアイ(I)をイメージしたつくり。タイポグラフィで用いられる「セリフ書体」をモチーフにしているんだそう。では、この上下の圧倒的な厚み、これをどう使うかというと……。

幅広フレームが
シェルフになる

フレーム部分のマチを有効に活用すれば、棚としてのスペースが生まれ、ちょっとした小物を置いたり、植物を飾ることができるように。あえてガッチリした重厚感にすることで、自立したときの不安定さを解消する狙いもあったようです。台座がなくても直置きできるのも、この厚みのゆえ。

これも、大切だなって思いました。全方位どこから見ても「統一感のある美しさであること」です。もちろん、背面もこの通りファブリックでお化粧していている点もハイセンス。フレームの継ぎ目が見えないよう加工されてある点も、ユーザー目線に立った配慮に感じます。ケーブルや配線など細々したものも、だいぶスッキリした印象です。電源ボタンだって、背中にちょこっと。

テレビを見ないときでも
美しくなければいけない!

デザインは外観だけにあらず。ブルレック兄弟の革新はユーザーインターフェースにも表れています。

たとえば、スマート機能とデザインが融合した「Curtain Mode(カーテンモード)」では、ロゴや黒一色の画面が映し出される代わりに、壁紙のようなやさしい色調の画像や時計が、さながらカーテンのように色彩を与えてくれるんだそう。

確かに、サイズが大きければ大きいほど、電源がOFFのときのテレビ画面は、室内全体の統一感からいえば、ノイズですよね。その点、番組を見ないときはとことん家具に徹するSERIFなのでした。

従来の“薄型至上主義”から、いかに室内環境に調和するかへ。家具としての佇まいをテレビに求めたブルレック兄弟のチャレンジは、家の中のどんな空間に設置してもテレビが違和感なく、環境に溶けこめることを体現しています。

すでにテレビのある生活に見切りを付けてしまった人たちも、「これだったらもう一度」そんな気になりませんか?

Licensed material used with permission by Samsung

関連する記事

以前より大手家電メーカーでも構想されていた「透明テレビ」だが、ついに中国の家電メーカー「Xiaomi」が一般消費者向けに販売を開始した。
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
レトロなテレビが、ある意味「大画面」でありのままを伝えています。
透明ディスプレイを採用していて、どんな部屋にも馴染むミニマルなテレビの紹介。
高級ホテルチェーン「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出となる「ローズウッド 宮古島」を2024年に開業すると発表した。
ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で、LGエレクトロニクスが巻き取り式ディスプレイを採用したテレビ「LG Signatures OL...
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
オフィス家具とホーム家具の商社兼メーカー「株式会社弘益」より、抗ウイルス家具シリーズ「SOCIA(ソシア)」が新発売。
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
イギリスのある森で、サステイナブルな家具作りに挑戦するカップルがいる。彼らは、家具を作るために木を伐採することはしない。その代わりに、理想のカタチになるよ...
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
業務用家具メーカー「アダル」が、100%国産の天然い草によるサステイナブルな家具「Look into Nature 」シリーズに新たな3モデルを追加。
「BEAMS DESIGN」が「ニトリ」と共同で企画した家具シリーズを先月24日から発売している。
「東海テレビ」開局60周年記念番組『さよならテレビ』が映画化され、年明けの1月2日から東京「ポレポレ東中野」「名古屋シネマテーク」ほかで順次公開。テレビの...
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
ユーザーから買取りしたイケアの家具や展示品の購入などができるスペース「Circular Hub」が今月13日からIKEA港北に登場。
12月1日よりIKEAの家具を熟知した専門スタッフによる「組立代行サービス」が全国でスタート。
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
1890年に創業し、オフィス家具を中心に「空間」「環境」「場」づくりをサポートし続けてきた「株式会社イトーキ」が、伊勢丹新宿店に期間限定のポップアップスト...
「北の住まい設計社」は、自然との共生やサステイナブルなモノづくりを理念に、北海道産の無垢材を使用した組み立て家具シリーズ「LIM(リム)」を発売。
愛猫への今年のクリスマスプレゼントはこれで決まり?福岡・大川市で2017年より町おこしの一環として市内の家具業者によって制作されたネコ用の家具“ネコ家具”...
この時代に生きてこられてて、ほんとによかった!
「チームラボ」が、自宅のテレビを”アート”にして世界中とつながるプロジェクトを始動。自作の花を絵をアップロードすることで、世界中の人が描いた花と共に咲き乱...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
先週6月11日、「一般社団法人 日本ケーブルテレビ連盟」と「Netflix」のサービス提携が発表された。今月から北海道、東北、信越、東海地区のケーブルテレ...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...