「テレビをあんまり見ない、持っていない人」にとにかくおすすめしたいソファ

いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ以下の小型のモノ。

スマホやタブレットの進化にともない、そもそもテレビが主役の部屋よりも、くつろぎを一番の目的としたレイアウトを選択する人が増えてきました。むしろなくたっていい!とさえ思っている人たちも。ならば、まずはソファ選びから変えてみませんか?

生活パターンに合わせて変化
自由度のあるソファがいい

東欧ハンガリーでデザインされたこのモジュール式ソファ。デザイン云々よりも、レイアウトを自在に変えてくつろぎ空間を自分なりにクリエイトできる、この一点こそおすすめの理由。狭小空間でも快適にくつろぐためのアイデアが、ちゃんと備わっているんですよね。

写真の中で男女が腰かけているマットレス状の座面が2つと、タイのリゾート地にありそうな三角枕、クッションなどが1つのユニットとして構成されているんですが、オプションで、ローテーブルにもなれば、座面に取り付けることもできるユニットボードを追加することも。

要は、生活パターンやニーズに合わせて、いくらでも買い足しができる点がモジュールタイプのソファの特長。

1枚でも、重ね合わせて高さを出してもOK。引越すたびにソファのサイズが合わずに、微妙なミスマッチ感を抱えながら生活したり、いちいちその度に買い換える必要もありません。

それこそテレビを観るときだけは、あえてこんな感じに横並びにしてみたり。場所に合わせて配置を変えて自由に組み合わせるのも楽しみのうち。

このくらいファジー感があったほうが、いまの時代使いやすいと思うのです。

ひと昔前までは、リビングルームのレイアウトを考えていく際、テレビをどこに(どの向きに)設置するか。これがまず第一だったはず。すると、おのずとソファの位置も定るから。

けれど、世界のインテリアの潮流は、確実に“テレビありき”の生活から、くつろぎ最優先にシフトしつつあります。だからこそ、選ぶならモジュールソファなんじゃないかな、と。

そういえばこのソファ、名前がまたいいんですよ。移動の時代にぴったりなその名も「アーバンノマド」。

Licensed material used with permission by hannabi
レトロなテレビが、ある意味「大画面」でありのままを伝えています。
透明ディスプレイを採用していて、どんな部屋にも馴染むミニマルなテレビの紹介。
忙しい1日を過ごしたら、何よりも家でくつろぎたい。お気に入りの音楽や本、テレビやラジオと共に過ごすひと時は、誰にとっても大切なはず。その時に大事なのが、身...
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
2枚のマットレスはソファに変身する!?組み立て方はじつにカンタン。①マットレスを2枚重ねて、円柱状の台にかぶせる。②ジッパーで固定する。③くぼませる。たっ...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
「東海テレビ」開局60周年記念番組『さよならテレビ』が映画化され、年明けの1月2日から東京「ポレポレ東中野」「名古屋シネマテーク」ほかで順次公開。テレビの...
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
この時代に生きてこられてて、ほんとによかった!
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
家に帰ったらすぐにソファへ…そんな人も多いはずです。疲れたカラダを優しく癒してくれたり、ダラダラ過ごすのにも最適な「ソファ」ですが、じつはここまで進化して...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
4月23日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっていて、世界各国に5月から順次発送予定のアイテム「Hygiene...
イギリスの女性デザイナーFreyja Sewell氏が生みだしたのは、“圧倒的にプライベートな”ソファー。そう言われてもピンとこない人がほとんどだと思いま...
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
お察しのとおり、硬いし冷たいし、フカフカして眠くなっちゃう……なんてこととは、おそらく無縁。
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。