空気を入れるだけ。15秒で完成する「どこでもソファー」

海でも山でも、もっと広げればイベントやフェスでも大活躍しそうなソファーをご紹介。アウトドアなのにソファーなんて、おかしく聞こえるでしょう。だけど、この心地よさ、まさにソファーレベルなはず!

屋外でも自宅並みのマッタリ感
エアソファー「Lamzac」

女性がごろ〜んとくつろいでいるのが、今海外のアウトドア好きの間でちょっとした話題を呼んでいる「Lamzac」です。オランダ生まれのユニークなアウトドア用チェアは、大きな寝袋状のシートの中にただ空気を詰め込んだだけのもの。

「このサイズに膨らませるだけでも大変」なんて声が聞こえてきそうですが、Lamzacのスゴいところは、わずか15秒程度で作れてしまうところ。浮き輪やビニールプールのように、ポンプを使ったり、息を吹き込む必要もありません。では、そのカラクリを見ていきましょう。

空気を入れるだけ
リラックスまで、わずか15秒。

こちらの男性が手にしている小さなピンクの袋。この中に収まってしまうのがLamzacの優れた特徴のひとつ。

空気が入っていない状態だと、こんな感じに寝袋のようなシート。

ガバッとシートの口を開いたら、ひょいっと空気をすくい入れるだけ。

空気が漏れないように、シートの口をくるくる丸めてしっかり留め具でロックします。

あとは、そのままゴロン。バランスさえ取れればバッチリ。大人が3人座れるサイズなのだそうですが、やっぱりハンモックみたいに寝そべるのが気持ちよさそう!

持ち運び楽ラク!
1.3キロのコンパクトサイズ

ビーチではこんな態勢でくつろいだり、

公園ではのんびりと日向ぼっこ。最高!

フェスや野外イベントで、ちょっとくつろぎたい時のお供になること間違いなしです。わずか1.3キログラム。しかも、たたんで専用のポーチに入れれば、大きめのポテトチップの袋くらいまでコンパクトになっちゃいます。

ちなみに、価格は日本円にして約8,300円。国内での販売が待ちきれない人は、公式サイトからの購入も可能ですよ。

Licensed material used with permission by Lamzac

関連する記事

「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
オーストラリア発の家具ブランド「コアラ」より、第1弾商品「コアラソファーベッド」がデビュー。
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
2枚のマットレスはソファに変身する!?組み立て方はじつにカンタン。①マットレスを2枚重ねて、円柱状の台にかぶせる。②ジッパーで固定する。③くぼませる。たっ...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
家に帰ったらすぐにソファへ…そんな人も多いはずです。疲れたカラダを優しく癒してくれたり、ダラダラ過ごすのにも最適な「ソファ」ですが、じつはここまで進化して...
忙しい1日を過ごしたら、何よりも家でくつろぎたい。お気に入りの音楽や本、テレビやラジオと共に過ごすひと時は、誰にとっても大切なはず。その時に大事なのが、身...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...