これはまさに、「本の虫」のためのインテリアだ。

ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「bookworm」と言うらしい。

そんなことが気になってついググってしまったのも、すべてはこのインテリアに出会ったから。どうやら、繭をイメージした世界初の本棚だという。

お気に入りの本に囲まれて…

「棚」と表現されているものの、見ての通り、その外観は唯一無二。シンプルに言ってしまえば、イスの要素をプラスした「座れる本棚」といったところ。

そこにあるのは、お気に入りの本と電球のみ。バランス的には、ゆ〜らゆら揺れそうだけど、よく見ると固定されているので、それなりに安定感はあるはず。

ビビッドな発色が目を引くイエロー以外にも、自分の好きなカラーをオーダーできる模様。個人的には、木のぬくもりが感じられるクラシックな「ブラウン」が好み。植物の緑との相性も悪くない。

とはいえ、現実的には
短時間のみ?

「好きな本に囲まれながら読書ができる」。たしかに、そう言われると聞こえはイイかもしれない。が、しかしクッション性があるわけではなさそうだから、腰やお尻の痛みは要覚悟。

この「Bookworm」は、オランダ・ロッテルダムに拠点を置くデザインスタジオ「ATELIER 010」が開発。購入希望者は、HPから問い合わせのうえ、価格の確認を。

きっと、アイデア自体は広くウケそう。でも欲をいえば、せめて身体との接点だけでも「繭」のように“やさしい素材”だったら嬉しいなあ。

Licensed material used with permission by Bookworm
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
一人暮らしをしている人は部屋のスペースが限られているので、ダイニングテーブルやイスを置くことがあまりないのかもしれません。でも、この「Bookchair」...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
果たして、これでリラックスできるんだろうか…(笑)。
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。