これはまさに、「本の虫」のためのインテリアだ。

ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「bookworm」と言うらしい。

そんなことが気になってついググってしまったのも、すべてはこのインテリアに出会ったから。どうやら、繭をイメージした世界初の本棚だという。

お気に入りの本に囲まれて…

B5271697a9c280ebc0899851b5c64aa30db84dea

「棚」と表現されているものの、見ての通り、その外観は唯一無二。シンプルに言ってしまえば、イスの要素をプラスした「座れる本棚」といったところ。

06b12417a413ae28ef08c67120b4a12c64b27dc2754695c687d1c40d6dad09c42a817eb3fcaba426

そこにあるのは、お気に入りの本と電球のみ。バランス的には、ゆ〜らゆら揺れそうだけど、よく見ると固定されているので、それなりに安定感はあるはず。

Ee8549b14c4fc85d757a895677526afad055e265

ビビッドな発色が目を引くイエロー以外にも、自分の好きなカラーをオーダーできる模様。個人的には、木のぬくもりが感じられるクラシックな「ブラウン」が好み。植物の緑との相性も悪くない。

90d6e406506e912bef44648c77a415205b60f0ed

とはいえ、現実的には
短時間のみ?

7e3c6ad7993acd6f64ee627105d54eb293601367

「好きな本に囲まれながら読書ができる」。たしかに、そう言われると聞こえはイイかもしれない。が、しかしクッション性があるわけではなさそうだから、腰やお尻の痛みは要覚悟。

C607a5a969b028fff32b1dc35241544dfa0538ed

この「Bookworm」は、オランダ・ロッテルダムに拠点を置くデザインスタジオ「ATELIER 010」が開発。購入希望者は、HPから問い合わせのうえ、価格の確認を。

きっと、アイデア自体は広くウケそう。でも欲をいえば、せめて身体との接点だけでも「繭」のように“やさしい素材”だったら嬉しいなあ。

Licensed material used with permission by Bookworm
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
一人暮らしをしている人は部屋のスペースが限られているので、ダイニングテーブルやイスを置くことがあまりないのかもしれません。でも、この「Bookchair」...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
果たして、これでリラックスできるんだろうか…(笑)。
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...