これはまさに、「本の虫」のためのインテリアだ。

ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「bookworm」と言うらしい。

そんなことが気になってついググってしまったのも、すべてはこのインテリアに出会ったから。どうやら、繭をイメージした世界初の本棚だという。

お気に入りの本に囲まれて…

「棚」と表現されているものの、見ての通り、その外観は唯一無二。シンプルに言ってしまえば、イスの要素をプラスした「座れる本棚」といったところ。

そこにあるのは、お気に入りの本と電球のみ。バランス的には、ゆ〜らゆら揺れそうだけど、よく見ると固定されているので、それなりに安定感はあるはず。

ビビッドな発色が目を引くイエロー以外にも、自分の好きなカラーをオーダーできる模様。個人的には、木のぬくもりが感じられるクラシックな「ブラウン」が好み。植物の緑との相性も悪くない。

とはいえ、現実的には
短時間のみ?

「好きな本に囲まれながら読書ができる」。たしかに、そう言われると聞こえはイイかもしれない。が、しかしクッション性があるわけではなさそうだから、腰やお尻の痛みは要覚悟。

この「Bookworm」は、オランダ・ロッテルダムに拠点を置くデザインスタジオ「ATELIER 010」が開発。購入希望者は、HPから問い合わせのうえ、価格の確認を。

きっと、アイデア自体は広くウケそう。でも欲をいえば、せめて身体との接点だけでも「繭」のように“やさしい素材”だったら嬉しいなあ。

Licensed material used with permission by Bookworm
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
安全性や耐久性、そしてインテリアとしてのフォルムのすべてを追求して生まれた本棚。特長はその堅牢性。丈夫な材料を組み合わせてできています。でも見た目はスッキ...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...