このソファ、うたた寝以上、寝落ち未満

以前、"おしゃれだけど使いにくい。逆に、便利だけどダサい"ものについて、ご紹介しました。

その続編でございます。

本日は、椅子。

どうぞ、早速ごらんくださいませ。

どうですか、
この"なんのために?"感。

無骨すぎる椅子

© LUCAS MUÑOZ MUÑOZ

オランダで活動するデザイナー、ルーカス・ムニョスさんによるアームチェア「Tubular」。見てのとおり、工業用の鋼鉄製換気パイプと、銅でつくった座面シート(金属類の廃品置き場からとり出したもの)でできています。

だからお察しのとおり硬くて冷たいから、フカフカして眠くなっちゃう……なんてこととはおそらく無縁。

けれど、配管ならでは大きな曲線と、冷たく硬い質感がなんとも目をひきます。

© LUCAS MUÑOZ MUÑOZ

よくアーティストのPVで、なぜか工場廃墟でダンサーが踊りまくっていたり、そこに車を乗り付けていい感じにラップなんぞ歌っているシーンをよくみかけるけれど、あれってやっぱり工場ならではの無機質で無骨なイメージが魅力的だからなのでしょう。

それと同じ要素が、この椅子のビジュアルにも込められているのだと思います。

© LUCAS MUÑOZ MUÑOZ

けれど、「ビジュアルだけじゃないよ!」とルーカスさん。

この椅子は、工業製品と家具の概念を新しく捉えたアプローチをしているとのことで、見た目のインパクトだけじゃなく、耐久性がかなり高くて機能的なのだそうな。

耐久性……鋼鉄製のパイプだし、そりゃたしかにそうだろうね。

Top photo: © LUCAS MUÑOZ MUÑOZ
Licensed material used with permission by LUCAS MUÑOZ MUÑOZ
2枚のマットレスはソファに変身する!?組み立て方はじつにカンタン。①マットレスを2枚重ねて、円柱状の台にかぶせる。②ジッパーで固定する。③くぼませる。たっ...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...
忙しい1日を過ごしたら、何よりも家でくつろぎたい。お気に入りの音楽や本、テレビやラジオと共に過ごすひと時は、誰にとっても大切なはず。その時に大事なのが、身...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
家に帰ったらすぐにソファへ…そんな人も多いはずです。疲れたカラダを優しく癒してくれたり、ダラダラ過ごすのにも最適な「ソファ」ですが、じつはここまで進化して...
いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ...
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
海でも山でも、もっと広げればイベントやフェスでも大活躍しそうなソファーをご紹介。アウトドアなのにソファーなんて、おかしく聞こえるでしょう。だけど、この心地...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
緑の芝生が美しい、広々としたのどかな庭。そこに小さな丘のような不思議な盛り上がりが。なんとこれ、芝生でできたソファなんです。芝生にゴロンとするのも確かに気...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
イギリスの女性デザイナーFreyja Sewell氏が生みだしたのは、“圧倒的にプライベートな”ソファー。そう言われてもピンとこない人がほとんどだと思いま...
果たして、これでリラックスできるんだろうか…(笑)。
ひとり暮らしでネックになるのは、やっぱりスペース。ソファも作業机も置きたいけれど、なかなかそんな場所が取れなかったりする。それなら、ひとつで何役にもなるこ...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
自宅で扱うノートパソコン。どこへでも持ち運べる利点を生かすからこそ、ソファやベッドの上が作業場となる。けれど、意外に効率が良くないと感じた経験があるはずだ...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...