このソファ、うたた寝以上、寝落ち未満

以前、"おしゃれだけど使いにくい。逆に、便利だけどダサい"ものについて、ご紹介しました。

その続編でございます。

本日は、椅子。

どうぞ、早速ごらんくださいませ。

どうですか、
この"なんのために?"感。

無骨すぎる椅子

© LUCAS MUÑOZ MUÑOZ

オランダで活動するデザイナー、ルーカス・ムニョスさんによるアームチェア「Tubular」。見てのとおり、工業用の鋼鉄製換気パイプと、銅でつくった座面シート(金属類の廃品置き場からとり出したもの)でできています。

だからお察しのとおり硬くて冷たいから、フカフカして眠くなっちゃう……なんてこととはおそらく無縁。

けれど、配管ならでは大きな曲線と、冷たく硬い質感がなんとも目をひきます。

© LUCAS MUÑOZ MUÑOZ

よくアーティストのPVで、なぜか工場廃墟でダンサーが踊りまくっていたり、そこに車を乗り付けていい感じにラップなんぞ歌っているシーンをよくみかけるけれど、あれってやっぱり工場ならではの無機質で無骨なイメージが魅力的だからなのでしょう。

それと同じ要素が、この椅子のビジュアルにも込められているのだと思います。

© LUCAS MUÑOZ MUÑOZ

けれど、「ビジュアルだけじゃないよ!」とルーカスさん。

この椅子は、工業製品と家具の概念を新しく捉えたアプローチをしているとのことで、見た目のインパクトだけじゃなく、耐久性がかなり高くて機能的なのだそうな。

耐久性……鋼鉄製のパイプだし、そりゃたしかにそうだろうね。

Top photo: © LUCAS MUÑOZ MUÑOZ
Licensed material used with permission by LUCAS MUÑOZ MUÑOZ