「見た目」か「便利さ」か論争。あなたはどっち派?

おしゃれだけど使いにくい。逆に、便利だけどダサい。
こういうものって、たくさんありますよね。

たとえば服。
ポケットがたくさんあるととても便利だけど、やたらめったら付いているのはご遠慮したい。
キッチンツールでも同じ。
以前紹介したスケールのように、インテリアとしてはものすごくおしゃれだけど、絶対に使いにくい。

「見た目」と「便利さ」のどちらを重視するか。
この論争はきっと永久に続いていくのでしょうが、それの最たるものを見つけました。

みなさんはどう思いますか?

「オールグラス」のカクテルセット

Photo by studio Johannes Bauer, 2017
Photo by studio Johannes Bauer, 2017
Photo by studio Johannes Bauer, 2017
Photo by studio Johannes Bauer, 2017
Photo by studio Johannes Bauer, 2017

カクテルを作る上で、バーテンダーに必要不可欠なカクテルセット。通常はシルバーのものを想像するかと思いますが、こちらは“オールグラス”製。いかがでしょう?

細かな使用方法は別として、とにかく美しいですよね。
慎重に扱わないと割れてしまいそうだし、洗うのも大変そうだけど。

ちなみにこのカクテルセット「Witt」の本来の使い方は、こんな感じ。

Photo by studio Johannes Bauer, 2017
Photo by studio Johannes Bauer, 2017
Photo by studio Johannes Bauer, 2017

カクテルづくりなんて興味がない人でも、ささる人にはささるこのアイテム。インテリアとしてリビングに置いていたら、すいぶんセンスのいい人のお部屋のようになりそうですよね。

逆に、カクテルづくりに長けた人やバーテンダーでも、なかにはきっとささらない人もいるでしょう。

Photo by Emilien Jaury, 2017

「芸術性」か「実用性」か。やはり、この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。

でもこれからも「これ、かわいいけど不便だろー」みたいなピンポイントなアイテムも、どんどん紹介していきたいと思います。

Licensed material used with permission by Emilien Jaury
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
ノンアルコール飲料の需要は年々高まっており、イギリス・ロンドンでは新しいジャンルとしてバーやカフェなどでも「MOCKTAILS(モクテル)」というノンアル...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
「Yahoo! JAPAN」トップページより、甲子園の全試合の生中継に簡単アクセス。5Gを駆使したVR映像や多視点映像、見逃し配信も無料で視聴可能!
「銀座300BAR」は、青森にある直営牧場から届くオーガニック野草、野菜、ハーブを使ったカクテルやフードを提供。6月に続いて今回は第二弾。タンポポと日本酒...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
欧米のミレニアルズの宗教離れが進んだと同時に、人気が高まってきたと言われる星占い。ロンドンのバー「Barts」が、今夏限定で星座ごとの特徴を反映したカクテ...
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。