我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。

2016年に上映された映画『パッセンジャー』で、憎めないロボットのバーテンダーが登場したけれど、彼のように自分の好みに合わせて忠実に酒を作ってくれる夢のようなロボットが、海外で実現していました。

1000種類以上はお手の物!

6276860962930688

気になる作り方はこちら。

SirMixABot」は、自動でカクテルを作るロボット。動画をご覧のとおり、テキパキッ!という感じではないですが、好みのお酒のボトルを機械の上部にセットすれば(最大10本)、1000種類以上のカクテルを作ることが可能。専用のアプリを使い、各レーンに設置した酒の種類を設定すれば、ボタン一つでレシピどおりにお酒を作ってくれます。

一見、かなり大きくてキッチンに置けるかな?と心配になるけれど、お酒のボトルを並べてインテリアにするように、あえてリビングにセットしてみるものアリかも。

DIYだから手の届く価格帯

このロボットバーテンダーくん、価格は349.99ドル(送料別)。思ったよりも高くない理由は、DIYキットだから。総重量約30ポンド(約14キロ)で、フラットにパックされた状態で届きます。

気になる組み立て方は、こんな感じ。

 

5855750022758400

外枠を組み立てて、

6181511078346752

手持ちのドライバーなどで、付属のパーツをつなぎ、

4913546269818880

たくさんたくさんつなぎ、
色も塗ったりして、

6006877708091392

好きなお酒のボトルを逆さにして設置すれば完成!

 

組み立て済みのものや、外枠に色つけされたものを希望する場合は問い合わせて!とCEOのBrendanさん。

あの映画のように世間話ができるレベルにはもちろん達していないし見た目は野暮ったいですが、「専属」というあたり、なんだか愛着が湧きそうです。

 

Licensed material used with permission by SirMixABot LLC, Instagram, Facebook
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
すでに世界各地で活躍しているバーテンダーロボット「Makr Shakr」は、世界最高のカクテルを提供してくれる。話し相手にはなってくれないが、多少のわがま...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろう。実際に見てみよう。テーブルに立つロボット。「座って」や「立って」と言われれ...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
「Eagle Prime」は、約2.8億円がかけられて制作された巨大ロボット。子どもの頃に、思い描いていた巨大ロボット対戦が、ついに現実になる日がきたようです。
「ロボットがメッセージを書き出して、誰かに伝えてくれる」。これを聞いたときに、そんな時代がやってきたんだなって、ちょっとトキめいてしまった。現在、ロンドン...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
Huang Yiさんは、KUKA社のロボットとダンスをするパフォーマー。その様子は、息がピッタリと合っていて、まさに2人のデュエットダンスを見ているような...