我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。

2016年に上映された映画『パッセンジャー』で、憎めないロボットのバーテンダーが登場したけれど、彼のように自分の好みに合わせて忠実に酒を作ってくれる夢のようなロボットが、海外で実現していました。

1000種類以上はお手の物!

気になる作り方はこちら。

SirMixABot」は、自動でカクテルを作るロボット。動画をご覧のとおり、テキパキッ!という感じではないですが、好みのお酒のボトルを機械の上部にセットすれば(最大10本)、1000種類以上のカクテルを作ることが可能。専用のアプリを使い、各レーンに設置した酒の種類を設定すれば、ボタン一つでレシピどおりにお酒を作ってくれます。

一見、かなり大きくてキッチンに置けるかな?と心配になるけれど、お酒のボトルを並べてインテリアにするように、あえてリビングにセットしてみるものアリかも。

DIYだから手の届く価格帯

このロボットバーテンダーくん、価格は349.99ドル(送料別)。思ったよりも高くない理由は、DIYキットだから。総重量約30ポンド(約14キロ)で、フラットにパックされた状態で届きます。

気になる組み立て方は、こんな感じ。

 

外枠を組み立てて、

手持ちのドライバーなどで、付属のパーツをつなぎ、

たくさんたくさんつなぎ、
色も塗ったりして、

好きなお酒のボトルを逆さにして設置すれば完成!

 

組み立て済みのものや、外枠に色つけされたものを希望する場合は問い合わせて!とCEOのBrendanさん。

あの映画のように世間話ができるレベルにはもちろん達していないし見た目は野暮ったいですが、「専属」というあたり、なんだか愛着が湧きそうです。

 

Licensed material used with permission by SirMixABot LLC, Instagram, Facebook

関連する記事

新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...
荷物を運んだり、家事をサポートしてくれたり、マッサージができたり、カクテルを作れたり。学習能力も備えているなど、今や身近な存在であり、近い将来は「親友」や...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。