我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。

2016年に上映された映画『パッセンジャー』で、憎めないロボットのバーテンダーが登場したけれど、彼のように自分の好みに合わせて忠実に酒を作ってくれる夢のようなロボットが、海外で実現していました。

1000種類以上はお手の物!

気になる作り方はこちら。

SirMixABot」は、自動でカクテルを作るロボット。動画をご覧のとおり、テキパキッ!という感じではないですが、好みのお酒のボトルを機械の上部にセットすれば(最大10本)、1000種類以上のカクテルを作ることが可能。専用のアプリを使い、各レーンに設置した酒の種類を設定すれば、ボタン一つでレシピどおりにお酒を作ってくれます。

一見、かなり大きくてキッチンに置けるかな?と心配になるけれど、お酒のボトルを並べてインテリアにするように、あえてリビングにセットしてみるものアリかも。

DIYだから手の届く価格帯

このロボットバーテンダーくん、価格は349.99ドル(送料別)。思ったよりも高くない理由は、DIYキットだから。総重量約30ポンド(約14キロ)で、フラットにパックされた状態で届きます。

気になる組み立て方は、こんな感じ。

 

外枠を組み立てて、

手持ちのドライバーなどで、付属のパーツをつなぎ、

たくさんたくさんつなぎ、
色も塗ったりして、

好きなお酒のボトルを逆さにして設置すれば完成!

 

組み立て済みのものや、外枠に色つけされたものを希望する場合は問い合わせて!とCEOのBrendanさん。

あの映画のように世間話ができるレベルにはもちろん達していないし見た目は野暮ったいですが、「専属」というあたり、なんだか愛着が湧きそうです。

 

Licensed material used with permission by SirMixABot LLC, Instagram, Facebook
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
兵庫県西宮市にある商業施設「エビスタ西宮」内のフードホールに、AI搭載のロボットが店長を務める「カフェロボット」が11月9日に誕生。
8月中旬、インド南部の都市バンガロールに「Robot Restaurants(ロボット レストランツ)」がオープンした。チェンナイとコインバトールでも展開...
すでに世界各地で活躍しているバーテンダーロボット「Makr Shakr」は、世界最高のカクテルを提供してくれる。話し相手にはなってくれないが、多少のわがま...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
台湾プロ野球で話題となっているのが、楽天が所有する「楽天モンキーズ」のスタンドに現れた「ロボット応援団」。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。