SFの世界が現実に!?一流シェフの味も再現するロボット

「今日も素敵な料理をありがとう」

いくら話しかけても、彼は反応しない。ただ毎日、2本の逞しい腕で、一流シェフ直伝の料理を提供してくれる。こんなことを期待してしまうのが『Moley Robotics』社の開発中の調理ロボットアーム『Robotic Kitchen』。

再現できるレシピ数は2000種類以上。私たちがiTunesで好きな料理を選び、素材を準備するだけで、調理・盛り付け・片付けまでやってくれます。忙しない日常の中で、人間はゆったりテーブルに座っているだけでいい。そんな贅沢な時間を堪能できる時代がすぐそこまできているんですね。

毎日、高級レストランの料理を食べるなんて夢のまた夢。お抱えのシェフなんてセレブの世界。でも、もし『Robotic Kitchen』の登場でこの夢が叶うとしたら、あなたはどうします?

Reference: Moley Robotics
Top image: © Mark Oleynik
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事