人工知能の進化で職を失うのは「20世紀型のヒーロー」だ

2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。

「提供されるケアに、満足しましたか?」

映画『ベイマックス』は、理系大学生がそれぞれの発明品を手に、悪と戦う物語。実在する先端テクノロジーを思わせる、発明品や研究施設の風景、3Dプリンタを駆使したパーソナルファブリケーションなど、興味深い要素はたくさんある。

こうした発明品のひとつが、人工知能を搭載したケアロボットであるベイマックスである。

ベイマックスは、もともと主人公ヒロの兄、タダシによって開発され、心身の状態を判定し、適切なケアを施すためのロボットだった。もともと医療・介護用として開発されたため、悪と戦う理由は正義ではない。ヒロの心の健康を取り戻すためだ。

だから、いつもこう問いかける。「Are you satisfied with your care? (提供されるケアに満足しましたか?)」。ラストシーンでヒロが満足したと告げると、ベイマックスは去っていく。ベイマックスは、一貫して単なるシステムとして描かれているのだ。

悩まないヒーロー

人工知能は、やがて人格を持ち、人間に反逆する存在として描かれることがある。現実は、どちらかというとデータを参照し、問題を解決する非人格的なシステムに近い。ベイマックスも同じく、ヒーローなのに人格がない。

古典的なヒーローは、過去のトラウマに苦しみながら、それでも正義をなそうと努力してきた。悩んで、苦しみぬいて、それでも壁を乗り越えて、何度でも立ち上がる。観客はその姿に共感を覚え、何を信じるべきかを確認してきた。

逆境をはねのける強さに感動する一方で、善と悪を白黒ハッキリつけられないときのヒーローの弱さに動揺することもある。何が正義なのかわからなくなり、間違いを犯し、衝突してばかりいる者さえいる。

この映画は、そういった人間臭い間違いのない未来を想像させるのだ。

2017年、ニュージーランドで人工知能によるバーチャル政治家「SAM」が発表されて話題になった。

意思決定を行うまでには至っていないが、強烈な人間臭さによって人気を得てきた「20世紀型のヒーロー」たちにとっては、肩身の狭くなる話かもしれない。

『ベイマックス』

MovieNEX(4,000円+税)発売中、デジタル配信中。
(C) 2018 Disney
http://www.disney.co.jp/movie/baymax.html

<『リメンバー・ミー』劇場公開記念 MovieNEX・ブルーレイ・DVD ディズニー スプリング・キャンペーン>実施中!
全てのディズニー・ピクサーのMovieNEX・ブルーレイ・DVDをご購入いただくと、“『リメンバー・ミー』オリジナルノート”を先着でプレゼント!
※なくなり次第終了

http://www.disney.co.jp/studio/news/20180209_01.html

日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
「Venture Beat」によれば、アウトドアブランド「THE NORTH FACE」は、2016年4月に新しいモバイルアプリをローンチする予定。その機...
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープカフェ&...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのもの。動画に盛り込まれている...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
この人形を作っているのは「Eyes of Things」というプロジェクトチーム。帽子についているカメラを使い、喋っている人の表情から8種類の感情を認識す...
ことば、火、農業、舟、数学、紙、カメラ、人工衛星、インターネット、ロケット…。人類が、自らの手で本格的な道具を作りはじめたのは、260万年前の旧石器時代に...