写真を見て「これ、欲しいな」がすぐ買える、人工知能アプリ

Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレンドとしてあがっているパンツやスカート。

「あ、これ欲しいな」。

そんな時に活躍してくれるのが、「PASHALY(パシャリィ)」というアプリ。人工知能がすぐに写真を分析して、欲しいアイテムを探し出してきてくれるんです。

検索できるのは、上は帽子から、下は靴やブーツまで。最近はスマホのカメラも高性能なので、生地の質感まで判別することができて透け感がある素材や、レースにある刺繍模様のような細かいデザインでもOK。

シーズンが変わるごとに新しいデザインが増えてきても「PASHALY」で検索すれば似た商品を探してきてくれます。

たったの3ステップで
フルコーディネート検索

対象のアイテムが写っている画像を読み込むだけで、人工知能があなたの「欲しい」を分析。似ている商品が購入できるショッピングサイトを一覧で表示してくれます。

人工知能が「骨格を分析」して
トップス・スカートなどを判別

さらにこの人工知能は、写真にあるアイテムのライン(骨格)を認識し、長さや大きさをたったのコンマ数秒で判別してくれます。(注:通信環境により対応時間は異なる) 海外にも似たような技術はありますが、自分で骨格をなぞる必要があるなど手間がかかります。それに比べたら断然時間も短縮できるし、とても優秀なんだとわかりますよね。

さらに、参考にする写真の人が横向きになったり、ソファーに座っていても大丈夫。ラインを見てくれるから、どんな角度からでも認識してくれます。

また、複数の人が写っている写真でもOK。2〜3人までなら人工知能が判別して、それぞれのファッションアイテムを検索してくれます。

「なりたい自分」になれる
優秀なショッピングパートナー

見たままのファッションやコーディネートを探してきてくれるからこそ、イメージに近い商品を短時間で見つけることができます。雑誌を置いている美容院の待ち時間でもうまく活用できそう。

他にも「ニューヨーカー」などの通販会社と共同で、購入されたアイテムに似合う服を明細書に記載するというサービスも行っています。

「可愛いからとりあえず買ったけど、どうやって着よう?」と悩んだ時にも助けてくれるなんて、まさにショッピングパートナーと呼べるべき存在。このサービスをきっかけに再購入するユーザーは40%にものぼるのだとか。

現在、一覧表示される検索結果はプチプラなものが中心ですが、今後は価格帯も広がっていくということです。そうなれば選ぶ服も増えて、ますます着こなしの幅が広がりそう。

この機会に、憧れのインスタグラマーのコーディネートも検索してみては?これまでより簡単に、理想のあの人に近づけるかもしれません。

Licensed material used with permission by PASHALY

関連する記事

2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
「Venture Beat」によれば、アウトドアブランド「THE NORTH FACE」は、2016年4月に新しいモバイルアプリをローンチする予定。その機...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
12月15日、「Google フォト」の新機能として「Cinematic photos」が追加されることが発表された。この新機能、何がすごいかというと.....
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
世界でもっとも長い爪を持つ米・テキサス州在住のアイアナ・ウィリアムスさんが、ついにその爪を切る決断をしたらしい。約30年間伸ばし続け、全長7.3mに到達し...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
Facebookの新製品実験チームである「NPE Team」は、今月12日、アートや料理といったユーザーが趣味として楽しむDIYの写真を整理できるアプリ「...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープカフェ&...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
「代替肉」を取り巻くシーンやビジネスが盛り上がりをみせるなか、動物の細胞から人工培養で食肉を作るアメリカの企業「Mission Barns」が一般人を対象...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょ...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
ポテトチップスメーカーの「レイズ」が開発したのは、ポテトチップスの咀嚼音に反応して、動画に字幕を表示させるというGoogle Chrome向けの拡張機能。...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
学術雑誌『Science Advances』に掲載された、木材を透明にする最新の研究報告。一般的に髪などを漂白する際に使用する水素で、木材が茶色く見える現...