メールの返信内容を「自動で考えてくれる」新機能がGoogleから登場

2015年11月3日、Official Gmail Blogで紹介されたメール管理アプリの新機能が話題に!なんと、Gmailが受信したメールの内容を理解してその返信文を考えてくれるのだとか。

返信文を予測する新機能
「Smart Reply」とは?

Da9d0ce48ca39df9e9f6039da75dfcb6c3c0245a

とはいえ、もちろん全文おまかせというわけにはいきません。ブログに紹介されている例文を見てみましょう。たとえばこんな質問メールを受信したとします。

「新しいソフトウェアの使い方が分かる説明書はお持ちですか?」

すると、返信ぺージにはこんな定型文が表示され、選択できる仕組みに。

・後ほど送付しますね。

・申し訳ありませんが、持っていません。

・一度、確認してみます。

些細な一手間を
解消できる

6f05e47f1ef69918b2de6ea8e91ebe8b96c57fc0

なんだそれだけか…と侮ることなかれ。一つの質問に対して、使う可能性のある文面のパターンって必ずいくつかありますよね。

基本的には「わかりました」「できません」「確認中です」のような3種類をそれぞれの話題に合わせて選べるようです。

モバイルで返信しなくてはならない場面でわざわざ文字入力をするのはとても面倒ですが、この新機能は相手の要求に応えられるであろう幾つかの文言を予測して事前に提案してくれます。

些細ではありますが、返信にかかる時間やストレスが減りそうですよね。まだ対応しているのは英文のみのようですが、iOSなら「iTunes App Store」で、Androidなら「Google Play」からアプリがダウンロードできるので試してみては?

イギリス発の「BeeLine」。専用のアプリを使うと目的地までの距離と方角だけを教えてくれる、迷うことや遠回りすることを楽しもうというアイテム。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
彼氏にメールやLINEをしても、無視されていたら心配になったり、不安が募ることはよくありますよね。彼氏にもそれなりの都合があったり、受け止め方の違いであっ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
Googleが開発を進めるモジュール式スマホ「Project Ara」の最新映像が公開されました。ユーザーが使いたい機能をモジュール形式で本体に付け替えて...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
小銭もカードも電子マネーもいらない、まったく新しい無人店舗「Bodega」。なんでも勝手に商品を持っていくと、あとから自動的に請求がくるというのですが…。...
最大の特徴はグリップ式であること。“マグネット式よりも固定しにくいのでは?”なんて思ってましたが、実際は使いやすいです。片手で、ワンタッチで、スマホを固定...
マメにメールしてくれる男性もいれば、まったくしない男性もいます。むしろ後者のほうが多数派かもしれません。女性からしてみれば「メールが返ってこないのは私に気...
10月9日から利用可能になっているFacebookの新機能がある。それは、友達と位置情報を交換できる「近くにいる友達」機能だ。スマホアプリ上で通知設定をオ...
携帯電話やITの普及により、メールのやりとりやメッセージアプリでのやりとりをダレでも当たり前のように行うようになりました。それに伴って恋愛において、メール...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
女性が、男性からのメールでデートに誘われたら、思わず「いいですよ」と返信してしまうシチュエーションを5つのポイントに厳選してご紹介していきましょう。お相手...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...